「劇場版HUNTER×HUNTER」第2弾 ゲスト声優は中村獅童、天野ひろゆき、山本美月 | アニメ!アニメ!

「劇場版HUNTER×HUNTER」第2弾 ゲスト声優は中村獅童、天野ひろゆき、山本美月

『劇場版HUNTER×HUNTER-The LAST MISSION―』は12月27日に全国公開を迎える。このたび、ゲスト声優に中村獅童さん、天野ひろゆきさん、山本美月さんと豪華な3人が集結した。

ニュース
(c)POT(冨樫義博)1998年-2013年 (c)ハンター協会2013
  • (c)POT(冨樫義博)1998年-2013年 (c)ハンター協会2013
  • 「劇場版HUNTER×HUNTER」第2弾 ゲスト声優は中村獅童、天野ひろゆき、山本美月
1998年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載を開始した『HUNTER×HUNTER』は2013年に15周年を迎えた。12月27日には映画第2弾『劇場版HUNTER×HUNTER-The LAST MISSION―』が全国ロードショーとなる。原作では未だ明かされていないハンター協会の闇と、最強の念の使い手であるハンター協会の会長・ネテロの過去が描かれていく。
このたび、ゲスト声優のメンバーが発表された。歌舞伎のみならず幅広い分野で活躍中の中村獅童さん、お笑いコンビ・キャイ~ンの天野ひろゆきさん、女優・モデルの山本美月さんと豪華な3人が集結した。

中村獅童さんは俳優としてはもちろん、『DEATH NOTE』のリューク役や『あらしのよるに』のガブ役など声優としても多くの経験を持っている。本作ではネテロと因縁を持つ伝説のハンター・ジェドを演じる。
天野ひろゆきさんは『HUNTER×HUNTER』の大ファンであり、映画第1弾『劇場版HUNTER×HUNTER~緋色の幻影~』のオーディオコメンタリーにはゲストとして参加している。今回は冷酷な参謀・修羅役で本編に関わることとなった。
山本美月さんは「CanCam」専属モデルとして活動中。映画『桐島、部活やめるってよ』など女優としても人気を集めている。本作が声優初挑戦となっており、物語の鍵を握る女性戦士・煉獄に抜擢された。
3人はどのような演技を披露してくれるのだろうか。アフレコ時のコメントも発表され、映画公開に向けて盛り上がりを見せている。

『HUNTER×HUNTER』は冨樫義博さんが手掛けるマンガが原作だ。既刊32巻で累計発行部数6400万部の大ヒット作である。
2013年1月12日に公開された映画第1弾も好評で、興行収入は12億円を突破した。映画第2弾は冬休み期間中の公開となるだけに前作を上回る成績が期待されている。
[高橋克則]

『劇場版HUNTER×HUNTER-The LAST MISSION―』
2013年12月27日(金)より全国東宝系にてロードショー
/http://www.hxh-movie.jp/

[ゲスト声優コメント]

中村獅童さん
「『HUNTER×HUNTER』は原作のファンが大勢いるのでプレッシャーを感じます。
でも、本業の声優さんじゃないからこそ思いっきりやりたいと思います。
ジェドはズバリ悪役です。劇場版のオリジナルキャラではあるけれど、『HUNTER×HUNTER』の中で一番好きなキャラクターになりました。
ジェド、大好きです。天野くんは相変わらず良い声だし、美月ちゃんの声も楽しみですね」

天野ひろゆきさん
「獅童さんと美月ちゃんが僕の"声"ばかりほめるんです(笑)。
僕は昔から『HUNTER×HUNTER』が大好きで、今までは"好きだから参加しちゃうのってどうかな"と思っていたけど、今回参加できてよかったです!
修羅はスラっとしてかっこいいクールなキャラなんですけど、(自分と)一個も共通点がない(笑)。
なので、僕が演じてるとは思わず、声のみに集中してもらいたいですね。
ギャップに悩みながらも"やせた人"風な声を出しましたから(笑)。
『HUNTER×HUNTER』で一番好きなキャラはウボォー(ウボォーギン)です。7歳からジャンプの愛読者だったので、演じられて、本当に嬉しいです」

山本美月さん
「『HUNTER×HUNTER』が本当に大好きだったので、昔から出たかったんです。だから今回出演できるって聞いてすごく嬉しかった!
豪華な声優のみなさんの中に私の名前があって、本当にありがとうという気持ちです。私が演じる煉獄は、儚さもありながら強さもある。
『HUNTER×HUNTER』の世界の中では、あまり強い女性キャラクターが出てこないので、"煉獄、頑張ってね"という気持ちをこめました。
初めてのアフレコで凄く緊張したし、マイクの位置のことや絵に声を乗せることなど驚くことが多かったです。
『HUNTER×HUNTER』の中で一番好きなキャラはクラピカ!本当に大好きです!」
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集