「BLAZBLUE ALTER MEMORY」いよいよ放映スタート 人気格闘ゲームがTVアニメ化 | アニメ!アニメ!

「BLAZBLUE ALTER MEMORY」いよいよ放映スタート 人気格闘ゲームがTVアニメ化

2008年にアケードゲームとして登場、2009年には家庭用ゲームとして累計40万本突破の大ヒットになった『BLAZBLUE』が、今度はテレビアニメになる。ゲームの世界観をアニメ作品として届ける『BLAZBLUE ALTER MEMORY』だ。

ニュース
(c)ARC SYSTEM WORKS /BLAZBLUE AM製作委員会
  • (c)ARC SYSTEM WORKS /BLAZBLUE AM製作委員会
2008年にアケードゲームとして登場、2009年には家庭用ゲームとして累計40万本突破の大ヒットになった『BLAZBLUE』が、今度はテレビアニメになる。ゲームの世界観をアニメ作品として届ける『BLAZBLUE ALTER MEMORY』だ。
番組は2013年10月8日深夜のTOKYO MXを皮切りに、テレビ大阪、テレビ愛知、BS 日テレ、AT-Xと次々に放送を開始する。ファンにとっては、待ちに待ったと言っていいだろう。

作品の舞台はA.D.2199 Dec。一年の締め括りのそんな時に、SS級の統制機構反逆者で史上最高額の賞金首ラグナ=ザ=ブラッドエッジが第十三階層都市カグツチに出現する。ラグナには高額な賞金がかけられており、さらに彼の所有する魔道書は絶対無比の力を持つという。ラグナを狙い様々な者がカグツチに集結する。
キャラクターの声優は、その豪華さで知られたゲーム版のメンバーが引き継がれている。ラグナ役は杉田智和さん、ノエル役は近藤佳奈子さん、そして柿原徹也さん、植田佳奈さん、中村悠一さん、斎藤千和さん、たかはし智秋さん、乃村健次さん、今井麻美さん、松浦チエさん、磯村知美さんとオールスターである。

アニメ化にあたり、監督に『ドラゴンクライシス!』の橘秀樹さんを起用、監督協力には『鋼の錬金術師』、『機動戦士ガンダム00』などのヒットメーカー水島精二さんが参加する。シリーズ構成は『プリティーリズム・オーロラドリーム』、『華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ』などの赤尾でこさんだ。ゲームシリーズのプロデューサーの森利道さんが監修にあたる。
人気格闘ゲームが、いかにアニメとして表現されるか注目だ。そして、アニメを観てからからゲームにトライするのもありだろう。

放送開始にあたり、早くもBlu-ray、DVDの発売も決定している。第1巻は12月25日に発売、第1話と第2話を収録する。限定版には、PlayStation(R)3 BLAZBLUE CHRONOPHANTASMAと連動するステージ、BGM、キャタクターカラーセットのDLコードが特典となる。また、DVD「ぶるらじ特別篇(仮)」(約20分)、イベント優先抽選応募券、森利道描き下ろしポストカード、エンドクレジットイラストポストカード、下谷智之描き下ろしポストカードと豪華だ。
さらに第5巻と第6巻では、特製ねんどろいどぷちが特典となり見逃せない。それぞれ第5巻がラグナ=ザ=ブラッドエッジ、第6巻がμNo.12 (ミュー・テュエルブ)となる。

『BLAZBLUE ALTER MEMORY』
公式サイト/http://www.blazblue-am.jp/

[放送情報]
TOKYO MX  2013年10月8日より毎週(火) 25:30~
テレビ大阪  2013年10月9日より毎週(水) 26:35~
テレビ愛知  2013年10月10日より毎週(木) 26:35~
BS 日テレ  2013年10月13日より毎週(日) 24:30~
AT-X  2013年10月12日より 毎週土曜日 20:00~
AT-Xはリピート放送あり 17:00~

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集