「弱虫ペダル」 劇中アニメ『ラブ★ヒメ』のヒロインに田村ゆかり 劇中アニソンも担当 | アニメ!アニメ!

「弱虫ペダル」 劇中アニメ『ラブ★ヒメ』のヒロインに田村ゆかり 劇中アニソンも担当

ニュース

人気声優・アーティストの田村ゆかりさんが、10月からテレビ放送を開始するテレビアニメ『弱虫ペダル』で、少し変わった役柄に挑む。役の名前は姫野湖鳥、なんと『弱虫ペダル』の作中に登場する架空の人気アニメ『ラブ★ヒメ』の主人公である。
自転車競技の世界を描く『弱虫ペダル』は、アニメ大好きなオタクな高校1年生の小野田坂道が、自転車競技部に入部して、その才能を開花させながら成長して行く物語だ。

主人公がアニメ好きな坂道だけに、アニメにまつわるシーンも多数登場する。そのひとつが坂道が大ファンという設定のアニメ『ラブ★ヒメ』だ。この劇中アニメのヒロインが田村ゆかりさんが演じる姫野湖鳥である。
『ラブ★ヒメ』は、ひとりの魔法使いの女の子が恋に友情に頑張る、日曜朝系ファンタジーアニメ。そして、姫野湖鳥は、実は魔法の国の王女なのだが、自身はそのことを知らない設定となっており、さらに胸がぺたんこで女性的な魅力に欠けると自分で思っている。
そんな『ラブ★ヒメ』の主題歌は、姫野湖鳥が歌うアニソン『恋のヒメヒメぺったんこ』である。もちろんこちらも田村ゆかりさんが歌う。

この曲は、坂道が自転車で疾走しながら口ずさむなど、『弱虫ペダル』本編に随所に登場する。原作マンガでは、もちろん実際の楽曲はないが、アニメではそれを実現する。
作詞は『弱虫ペダル』原作の渡辺航さん自身、作詞補佐として『THE IDOLM@STER』のオープニング・テーマ『READY!!』などを手掛けるyuraさんが担当した。また作曲は、『涼宮ハルヒの憂鬱』のエンディングテーマ『ハレ晴レユカイ』などの田代智一さん、人気アニソンの王道を目指す。これまでに舞台版でも音楽されたことはあるが、これとも異なる新作楽曲となる。

本作はすでに、オープニングテーマ「リクライム」(ROOKiEZ is PUNK’D)、エンディングテーマ「風を呼べ」(アンダーグラフ)も決定している。さらにキャラクターソングの展開も決まっている。これに田村ゆかりさんの曲が加わる。
本編だけでなく、音楽も見どころたっぷりの作品となる。最速放送は、2013年10月7日深夜のテレビ東京である。

テレビアニメ『弱虫ペダル』 
2013年10月 7日(月)深夜1:35からテレビ東京にて放送スタート
/http://yowapeda.com/

公式Twitter /http://twitter.com/yowapeda_anime 
公式Facebook /http://www.facebook.com/yowapeda
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集