「怪盗グルー」と「紙兎ロペ」コラボレーション 特別エピソードをオンエア | アニメ!アニメ!

「怪盗グルー」と「紙兎ロペ」コラボレーション 特別エピソードをオンエア

ニュース

興行収入ランキング初登場1位の好スタートを切った『怪盗グルーのミニオン危機一発』が、フジテレビ系の情報番組「めざましテレビ」内で放送中のアニメ『紙兎ロペ 笑う朝には福来るってマジっすか!?』とコラボレーションを果たした。9月27日には同番組内でコラボエピソード「黄色いの」がオンエアされた。
ハリウッド3DCGアニメーションのキャラクターが2Dで登場するのは史上初の出来事だ。どちらも可愛らしいキャラクターが魅力的な作品なだけに、大きな注目を集めることになった。

『紙兎ロペ』は、下町を舞台に紙兎ロペと紙リス・アキラ先輩の珍道中を描くシュールな短編アニメである。その世界観に合わせて、『怪盗グルーのミニオン危機一発』のミニオン軍団が大勢で登場。コラボエピソードでは、なんとも理解不能なミニオン語を話し、不思議な動きをする彼らが、ロぺたちとだるまさん転んだを楽しんでいた。
また『紙兎ロペ』に登場するミニオン軍団の画像も公開された。個性豊かなミニオンの特徴を的確に捉えており、映画でのキュートさをそのまま2Dで表現した。日米の大ヒットアニメーションによるコラボレーションは魅力的な内容に仕上がった。

『怪盗グルーのミニオン危機一発』は『トイ・ストーリー3』を抜いて米・アニメ映画史上歴代No,1のオープニング成績を記録した。日本でもTwitterやFacebook、ゲームアプリなどで火がつき、ファミリー層はもちろんティーンやカップルも劇場に詰めかけている。
アニメーションは『イースターラビットのキャンディ工場』『ロラックスおじさんの秘密の種』のイルミネーション・エンターテインメントが手掛けた。新興スタジオながらも、2010年から3年間の平均全世界興行成績はピクサーに次ぐ第2位となっている。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集