「ストライク・ザ・ブラッド」10月4日より放送開始 細谷佳正、種田梨沙、キャスト陣のコメントも公開 | アニメ!アニメ!

「ストライク・ザ・ブラッド」10月4日より放送開始 細谷佳正、種田梨沙、キャスト陣のコメントも公開

ニュース

10月よりテレビアニメ『ストライク・ザ・ブラッド』の放送がスタートする。本作は電撃文庫(アスキー・メディアワークス)にて刊行中の三雲岳斗さんのライトノベルが原作だ。南洋の人工島を舞台とした学園アクションファンタジーとして人気を集め、現在8巻まで刊行されている。10月4日にTOKYO MXとAT-Xで放送開始、その後5日にMBS、9日にCBC、11日にはBS11でもオンエアとなる。

アニメ化に際し、キャストには人気声優陣を数多く起用した。主人公・暁古城役には『刀語』『君のいる町』の細谷佳正さん、ヒロインの姫柊雪菜役には『新世界より』『きんいろモザイク』の種田梨沙さんが担当する。吸血鬼の能力を手に入れた少年と、彼を監視する少女が織りなす物語を盛り上げていく。
そのほか、藍羽浅葱役に瀬戸麻沙美さん、矢瀬基樹役に逢坂良太さん、暁凪沙役に日高里菜さん、南宮那月役に金元寿子さんと豪華な面々が揃った。声優陣からは本作についてのコメントも公開されており、テレビアニメに向けて気合い充分なようだ。

制作スタッフも充実したメンバーが集結した。監督は『新テニスの王子様』の山本秀世さん、チーフディレクターは『ちとせげっちゅ!!』の佐野隆雄さんが務める。
シリーズ構成は『マクロスF』『アクセル・ワールド』の吉野弘幸さん、キャラクターデザインは『神様のメモ帳』の佐野恵一さん、アニメーション制作はSILVER LINK./CONNECTが行う。

また、10月6日開催のイベント「電撃文庫 秋の祭典2013」ではステージも実施する。会場の秋葉原UDXではメインキャストより、細谷佳正さん、種田梨沙さん、瀬戸麻沙美さん、日高里菜さんが登壇する予定だ。作品の魅力や今後の展開などについて語ってくれるだろう。
[高橋克則]

『ストライク・ザ・ブラッド』
10月4日よりTOKYO MXほかにて放送スタート
/http://www.strike-the-blood.com/


[キャストコメント]

細谷佳正さん
「自分にとってこの『ストライク・ザ・ブラッド』という作品は、挑戦だなと感じています。
吸血鬼を扱った、ファンタジーというジャンルでこのような重要な役を頂いて、迷いや不安もありますが、挑戦できる機会を頂けて本当に嬉しいです。
アニメで初めてこの作品をご覧いただく皆さんにも、原作ファンの皆さんにも楽しんで頂けるよう、精一杯頑張ります。よろしくお願いします」

種田梨沙さん
「吸血鬼や呪術、魔法など、私が大好きなファンタジーの要素が濃いので、読むたびに想像が広がる作品です。
独特な世界観で難しい言葉も多いため、最初はとても難しい物語なのだろうという印象でしたが、
読み進めるとキャラクター達の会話や動きがとても丁寧に書かれていて分かりやすいので、早くアニメで動いている所が見たくなります!」

瀬戸麻沙美さん
「この作品のオーディションを受けたときに、全体のおおまかなストーリーや、小説の表紙や挿絵を参考資料として頂いていて、その第一印象だけで不思議と"あ。この作品に関われたら面白いだろうなぁ"と感じていました」

逢坂良太さん
「新たな自分を見つけられそうな作品ですね。今まで脇役をあまりやったことがなかったので矢瀬という役で自分の引き出しが増やせそうなので楽しみです」

日高里菜さん
「世界観はもちろん、登場するキャラクターたち皆がカッコいい!!という印象でした。女の子のキャラが特に魅力的に感じました」

金元寿子さん
「とにかく、戦闘シーンがカッコイイ!と思いました。吸血鬼や、獣人や、様々なキャラクターが出てきて、戦うシーンが派手で迫力があるので、作品をどんどん読んでいきました。謎を含んだキャラクターもいるので、次の展開がいつも楽しみです」
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集