TBSドラマ「安堂ロイド」 コンセプトと設定協力の庵野秀明、鶴巻和哉、前田真宏でも話題 | アニメ!アニメ!

TBSドラマ「安堂ロイド」 コンセプトと設定協力の庵野秀明、鶴巻和哉、前田真宏でも話題

ニュース

TBSのドラマ枠「日曜劇場」にて、10月期から『安堂ロイド』がスタートする。木村拓哉さんと柴咲コウさんが『GOOD LUCK!!』以来10年ぶりに再共演することが話題となっている。

現在TBSの「日曜劇場」枠では、放送中の『半沢直樹』が高視聴率をマークしている。その続番となるのもあって期待がかけられている。
その一方で、アニメや特撮のファンからも注目を集めている。コンセプトと設定協力に庵野秀明さん、鶴巻和哉さん、前田真宏さんの名がクレジットされているためだ。

『安堂ロイド』では主演の木村拓哉さんが沫嶋黎士と安堂ロイドの2役をこなすところも見どころになっている。かたや柴咲コウさんは黎士の婚約者でヒロインの安堂麻陽の役である。

黎士は時空構造の位相幾何学に基づくワームホール理論の最先端の研究者である。その黎士が何者かに襲われて命を落とす。そして100年先の未来から大切な人(=安堂麻陽)を守るため、机の引き出しからアンドロイド(=安堂ロイド)が現れる。

プロデューサーの植田博樹さんは「寡黙で不器用で、誰にも言えない過去がある男が、守るべき誰かと出会って生きていく意味を見出していく。それを現代の日本でどう成立させるか」に焦点を絞っている。
コンセプトと設定に庵野秀明さん、鶴巻和哉さん、前田真宏さんの協力を仰いだのもその理由であるという。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のスタッフとして気を吐く3名のアイデアが、どのように『安堂ロイド』で反映されるのか楽しみだ。
[真狩祐志]

安堂ロイド
/http://www.tbs.co.jp/ANDO-LLOYD/
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集