ももいろクローバーZ史上最大規模のライブが大成功 日産スタジアムに6万人集結  | アニメ!アニメ!

ももいろクローバーZ史上最大規模のライブが大成功 日産スタジアムに6万人集結 

イベント・レポート

photo by 上飯坂一+Z
  • photo by 上飯坂一+Z
  • photo by 上飯坂一+Z
  • photo by 上飯坂一+Z
  • photo by 上飯坂一+Z
  • photo by 上飯坂一+Z
  • photo by 上飯坂一+Z
  • photo by 上飯坂一+Z
  • photo by 上飯坂一+Z
ももいろクローバーZ誕生以来、最大規模となったワンマンライブが、8月4日、横浜・日産スタジアムで行われた。「ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013 8.4 日産スタジアム大会」とタイトルされたこのライブ、会場に訪れたファンの数は約6万人にも達した。
これまでも数々の巨大ライブを実現してきた ももクロ にとっても、史上最大規模だ。いま日本で最も熱いアイドルユニットのひとつでもあるが、6万ものキャパをたちまち埋めてしまうのはさすがももクロだ。
さらに日産スタジアムのファンに加えて、この日のライブは日本全国55カ所で同時生中継された。ライブビューイングの会場でも、およそ2万5千人ものファンが参加した。まさに夏の大イベントだ。

そんな日産スタジアムの会場に、まず登場したのは神奈川県立湘南台高等学校吹奏楽部。マーチングバンド第40回日本マーチングバンド協会主催 マーチングバンド全国大会にて文部科学大臣賞・グランプリに輝いたチームである。
高校生とは思えない圧巻のパフォーマンスで、観客を圧倒、それと同時にステージ上の巨大バルーンが破裂。そこから巨大なメンバーの顔型オブジェが出現した。さらに後方からはロケットマンが空中へと飛び立つという派手な演出だ。
そこからライブの定番「overture ~ももいろクローバーZ参上!!~」が響きわたる。ももいろクローバーZが登場し、ライブがスタートした。

パフォーマンスの充実も、ももクロのライブなら。聖火リレーでオープニングを演出、メンバーが聖火台へ向かう。するとここにから「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を作曲・編曲した布袋寅泰が登場、国歌「君が代」を演奏する。布袋寅泰は「PUSH」「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を演奏し、会場を盛り上げる。
中盤では、東京・六本木のニコファーレで行われていた「セーラームーン20周年記念イベント ミュージカル製作発表会」との二元中継が大きな盛り上がりをみせた。この場でももクロが、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の主題歌「ムーンライト伝説」を新たにリアレンジカバーすることを発表、披露した。ロックバンド“怒髪天が”作詞、作曲、編曲をした新曲「ももいろ太鼓どどんが節」も登場と、ももクロの新しい動きも感じさせる。

さらにライブ中には、猫ひろしによるマラソンチャレンジ企画や、マーチングバンドパフォーマンス、武井荘と百田夏菜子によるハンディキャップ短距離走など、ももクロらしい企画も盛り込まれた。
ライブは4時間を超えたが、そのテンションンは高いまま。まさに「ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE」に相応しい夏の祭りになった。
ライブでは、今年12月23日に西武ドームを会場に「ももいろクリスマス2013~ようこそ極寒の世界へ」を開催することも発表された。クリスマスの大型ライブが、ファンの心も早くも捉えたに違いない。

ももいろクローバーZ
/http://www.momoclo.net/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集