「パラノーマン」 コマ撮りアニメーションの最新映画がブルーレイ/DVD発売 | アニメ!アニメ!

「パラノーマン」 コマ撮りアニメーションの最新映画がブルーレイ/DVD発売

ニュース

映画『パラノーマン ブライス・ホローの謎』のBlu-ray DiscとDVDが、9月4日にリリースされる。BDが4190円、DVDが3360円(共に税込)で、いずれもジェネオン・ユニーバーサル・エンターテイメントからの発売となる。
注目したいのはBD版だ。Blu-ray 3DとDVDのセットで、BDは劇場公開で話題を呼んだ3D(立体視版が収録されている。映像特典はアニマティック、メイキング、作者たちの物語、脚本/監督のクリス・バトラーと監督のサム・フェルによるコメンタリーとなっている。DVDは2Dバージョンのみを収録している。

『パラノーマン ブライス・ホローの謎』は、『コララインとボタンの魔女』などで知られるハリウッドのライカ・エンターテインメントが制作した。構想10年、制作期間3年を費やして完成させたアドベンチャームービーである。死者と話せる少年が、300年前に封印された町の秘密を解き明かす。
全米公開時の興行収入は、2012年に公開されたコマ撮り(ストップモーション)アニメーションの中でナンバー1を記録した。この記録は2005年の『ティム・バートンのコープス・ブライド』 を超えて、コマ撮りの興行収入歴代トップ5入りを果たすことになった。

作品の評価も高い。第85回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされたほか、アニー賞ではアニメーション映画賞、監督賞を含む主要8部門にノミネートされ、キャラクターデザイン賞、キャラクターアニメーション賞の2部門で受賞している。
オーソドックスなコマ撮りアニメーションの技術を、最新の映像として表現することに成功している。なかでも制作するライカ・エンターテインメントの技術的な特徴は、キャラクターの顔のコマ撮りに3Dプリンターを使用していることだ。3DCGでモデリングして表情をつけた顔を各々3Dプリンターで出力し、さらにそれをコマ撮りするという制作手法が話題にもなった。
アニメーション表現の最先端を確認するうえでも、観ておきたい1本だ。

『パラノーマン ブライス・ホローの謎』
/http://paranorman.jp/



『パラノーマン ブライス・ホローの謎 ブルーレイ3D+DVDセット』
発売日: 2013年09月4日
価 格: 4190円(税込)
発売元: ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集