アニメーション作家・山村浩二の原画と映像紹介 北アルプス展望美術館で7月開催 | アニメ!アニメ!

アニメーション作家・山村浩二の原画と映像紹介 北アルプス展望美術館で7月開催

ニュース

アニメーション作家・山村浩二さんの展覧会「山村浩二展~原画と映像+世界のアニメーション~」が、7月13日より長野県北安曇郡の北アルプス展望美術館(池田町立美術館)にて開催される。
山村浩二さんの創作活動と海外の秀作アニメーション作品を併せてた展覧会だ。テレビや劇場の人気アニメとは、また異なったアニメーションの魅力を紹介する。夏休み期間の開催でもあり、映像ファンやファミリーなど幅広い観客に喜ばれそうだ。

山村さんは、日本を代表する短編アニメーションの作家だ。『頭山』や『カフカ 田舎医者』、『マイブリッジの糸』といった作品で世界的に知られている。世界4大アニメーションフェスティバルでグランプリなどを受賞し、『頭山』では第75回アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネートされた。
アニメーション作家としての活動のほか、絵本作家・イラストレーターとしても活躍。6月14日からは、横浜市民ギャラリーあざみ野にて「山村浩二がえらぶ新世代 アニメーションのつくり手たち」が開催されるなど、アニメーション文化の振興にも積極的だ。

「山村浩二展~原画と映像+世界のアニメーション~」の会期は8月25日まで。展示は大人から子供まで幅広く楽しめて面白いものになるという。
時間は9時から17時、入館料は大人800円、高大生500円、中学生以下無料である。高原の爽やかな風を感じられる北アルプス展望美術館で、山村さんの作品世界が楽しそうだ。

山村浩二展~原画と映像+世界のアニメーション~
/http://azumino-artline.net/ikeda/2013/03/post-52.php

会期: 2013年7月13日(土)~8月25日(日)
時間: 9時~17時(入館は16時30分まで)
場所: 企画展示室A・B
入館料
大人800円高大生500円中学生以下無料

北アルプス展望美術館(池田町立美術館)
/http://www.ikedamachi.net/biju
tsukan/
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集