「ヒカルの碁」のほったゆみさんがマンガの描き方指南  「となりのヤングジャンプ」で連載開始 | アニメ!アニメ!

「ヒカルの碁」のほったゆみさんがマンガの描き方指南  「となりのヤングジャンプ」で連載開始

『ヒカルの碁』原作者・ほったゆみさんの新作『はじマン チャレンジ!はじめてのマンガ』がWEBサイト「となりのヤングジャンプ」にて連載を開始する。本作は、読者にマンガを描く楽しさを伝えていく「マンガHOW TOマンガ」である。

ニュース
(c)ほったゆみ/集英社
  • (c)ほったゆみ/集英社
  • 『はじマン チャレンジ!はじめてのマンガ』
  • 「となりのヤングジャンプ」
『ヒカルの碁』の原作者として知られる ほったゆみ さんの新作が、ウッブサイトに登場する。『はじマン チャレンジ!はじめてのマンガ』が、WEBコミックサイト「となりのヤングジャンプ」にて5月23日から連載を開始する。
『はじマン チャレンジ!はじめてのマンガ』は、読者にマンガを描く楽しさを伝えていく「マンガHOW TOマンガ」だ。「誰でも描ける!」をコンセプトにしている。
読者から投稿作品を募集するなど、様々な試みが行われる。ウェブらしいインタラクティブさを盛り込んだ。

ほったゆみさんが原作を手がけた『ヒカルの碁』は、シリーズ累計発行部数は2500万部を記録した大ヒット作だ。そんなヒットメーカーが、人気マンガを送り出した手腕をもとにそのノウハウを届ける。
年齢・性別・職業などに関係なく、様々な人にマンガを描いてもらい、それを掲載しながら、ほったさんが感想などを描いていく新しいジャンルの作品である。毎回お題(ストーリー)が発表され、一般読者からの投稿も募集する。
また、マンガの要素の中でも、とりわけ「コマ割り」に着目する。これまでにない「マンガHOW TOマンガ」に仕上がった。
タイトルが示すように初めてマンガを描く人や、より表現力を磨きたい人にとって大いに参考になるだろう。今後はサプライズゲストの登場も予定している。

「となりのヤングジャンプ」は、集英社「週刊ヤングジャンプ」が2012年6月に開設したサイトだ。楽しいマンガが毎日無料で読めるがコンセプトになっている。単行本累計発行部数70万部以上の『ワンパンマン』や『f人魚』など様々な作品が連載されている。
開設から1年足らずで月間ページビュー数は約1800万にも達している。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末からも閲覧可能だ。

本作は5月23日に第1回、6月12日に第2回を掲載。それ以後は、3週ごとの水曜日に更新する予定だ。連載スタートを記念して、5月23日発売の「週刊ヤングジャンプ」25号では特別版も掲載される。
[高橋克則]

「となりのヤングジャンプ」
/http://tonarinoyj.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集