「緊急指令10-4・10-10」「スターウルフ」DVD発売決定 円谷プロの名作2タイトル  | アニメ!アニメ!

「緊急指令10-4・10-10」「スターウルフ」DVD発売決定 円谷プロの名作2タイトル 

ニュース

『緊急指令10-4・10-10』
  • 『緊急指令10-4・10-10』
  • 『スターウルフ』
日本の長い特撮番組の歴史の中でも、異彩を放つ名シリーズ2作品の初のDVD化が決まった。1972年放送の『緊急指令10-4・10-10』と1978年放送の『スターウルフ』である。
今年創立50周年を迎えた円谷プロのDVDレーベル「復刻 円谷TV ドラマライブラリー」の新たなラインナップとなる。
シリーズのクオリティーの高さはファンから折り紙つきなだけに、待望のといっていいだろう。また、若い世代には、往年の名作を知る機会ともなるだろう。

「復刻 円谷TVラマライブラリー」は、円谷プロ作品の中でも、冒険活劇や人間ドラマにフィーチャーした作品を送り出しているレーベルである。『ウルトラマン』などの怪獣や巨大ヒーローが登場する作品とは一味違った魅力を楽しむことができる。

『緊急指令10-4・10-10』は、『ウルトラQ』や『怪奇大作戦』等の、いわゆる"怪奇もの"の流れをくんだ作品だ。普段の生活に現れる怪異な事件が、コンセプトになっている。当時流行していたCB無線が取り入れられ、民間の青少年たちで結成された"電波特捜隊"が、無線で連絡を取り合い様々な怪事件に立ち向かう。
身近な問題の解決から、怪人・怪物・巨大怪獣との戦いまで、バラエティ豊かな事件の数々を、円谷プロならではの光学合成やミニチュアワークを駆使して描いている。円谷プロの意欲作とも言うべき特撮ドラマである。1972年7月よりNET(現・テレビ朝日)系で全26話が放送された。

一方、『スターウルフ』は、壮大な宇宙ドラマが描かれたテレビドラマシリーズだ。1970年代にブームとなったSF映画ブームを背景に製作された。この時代には映画『未知との遭遇』や『スター・ウォーズ』をはじめとするSF大作が次々と現れている。それを日本の視点から挑んだ意欲作である。
スペースオペラの大家として知られたエドモンド・ハミルトンの小説を原作にした本格SF連続ドラマとして1978年4月より日本テレビ系で放送がスタート。全24話がオンエアされた。
"日本の宇宙開発・ロケット開発の父"と呼ばれる工学者・糸川英夫さんを監修に迎え、キャラクター同士の葛藤や政治劇を硬質なタッチで描いた。第14話からは『宇宙の勇者スターウルフ』に改題し、より明快な1話完結シリーズとしてエンタテインメント性を高めた。

DVDは両作品ともにBOX2巻構成となっている。『緊急指令10-4・10-10』は7月12日にDVD-BOX1巻が、9月13日にDVD-BOX2巻が発売される。『スターウルフ』は11月1日にDVD-BOX1巻、翌2014年1月10日にDVD-BOX2巻がリリースとなる。
価格はどちらも各巻11970円(税込)だ。
[高橋克則]

「復刻 円谷TV ドラマライブラリー」
/http://www.toei-video.co.jp/DVD/kaiki.html

円谷プロダクション
/http://www.tsuburaya-prod.co.jp/
東映ビデオ
/http://www.toei-video.co.jp/



『緊急指令10-4・10-10』
DVD-BOX1(2013年7月12日発売)、DVD-BOX2(2013年9月13日発売)
価格:11970円(税込)




『スターウルフ』
DVD-BOX1(2013年11月1日発売)、DVD-BOX2(2014年1月10日発売)
価格:11970円(税込)

発売元: 円谷プロダクション
販売元: 東映・東映ビデオ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集