フジテレビ「ボーカロイド歌謡祭」 テレビとネットが連携、ニコ動と共同製作 | アニメ!アニメ!

フジテレビ「ボーカロイド歌謡祭」 テレビとネットが連携、ニコ動と共同製作

ニュース 音楽

フジテレビが初音ミクなどのボーカロイドに特化した音楽番組を放送する。4月6日(土)26時10分より『ボーカロイド歌謡祭2013(春)~初音ミクから生まれた新たな音楽の世界~』が放映される。
番組ではボーカロイドカルチャーの紹介や、ボーカロイドのオリジナルライブの様子が流れる。しかも番組は、動画配信の有力サイトであるニコニコ動画を運営するドワンゴと共同製作なる。ネットとテレビの連携として、メディアの新しい可能性を感じさせる。

この歌謡祭のゲストとして歌手・GACKTさんの出演が決定した。GACKTさんはボーカロイド「がくっぽいど/GACKPOID」の音声データを提供しており、本番組に相応しい人物と言える。
その「がくっぽいど/GACKPOID」のイメージキャラクター・神威がくぽも登場する。がくぽは、『ベルセルク』などで知られるマンガ家・三浦建太郎さんによってデザインされ、ファンからは「がくぽ」や「殿」などの愛称で親しまれているキャラクターだ。GACKTさんと神威がくぽの共演にも注目したい。
GACKTさんは番組で、ドワンゴ開発の最新バーチャルライブ技術を使い、生身の人間とキャラクターが融合した次世代のライブを披露する。興味深いプロジェクトだが、実際の映像は放送までのお楽しみだ。

そのほか、ボーカロイドのキャラクターからは初音ミクやIA、GUMIが登場する。司会はニッポン放送アナウンサー・吉田尚記さん、アシスタントはフジテレビデジタルアナウンサー・杏梨ルネ、踊り手としてギルティーハーツが出演する。こちらはもちろんリアルでの出演である。

ボーカロイドはヤマハが開発した歌声合成技術および、その応用ソフトウェアである。音符と歌詞を入力するだけで歌声を作り出すことができる。
2007年にリリースされた初音ミクは大きな注目を集め、ニコニコ動画やYouTubeにはこれらの商品を使った音楽作品が多数アップロードされている。新しい音楽表現としてボーカロイドは、大きなトレンドを生み出している。
[高橋克則]

ボーカロイド歌謡祭2013(春)~初音ミクから生まれた新たな音楽の世界~
/http://www.fujitv.co.jp/b_hp/130406vocalo/

放送日時: 2013年4月6日(土)26:10~27:10
[出演]
初音ミク、IA、GUMI、神威がくぽ、ギルティーハーツ、GACKT
[MC]
吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)、杏梨ルネ(フジテレビアナウンサー)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集