TVアニメ「惡の華」OPが全4パターン の子、後藤まりこ、南波志帆がメインボーカル参加 | アニメ!アニメ!

TVアニメ「惡の華」OPが全4パターン の子、後藤まりこ、南波志帆がメインボーカル参加

ニュース

4月5日よりアニメ『惡の華』の放送が開始する。そのオープニング曲に、の子さん、後藤まりこさん、南波志帆さんがメインボーカルで参加することが明らかになった。しかも4つもの異なるパターンのオープニング曲を制作することも発表された。
ちょと変わった試みに、ファンの楽しめみも広がる。4つのオープニングはそれぞれ「惡の華 -春日高男-」Vo:の子(神聖かまってちゃん)、「惡の華 -仲村佐和-」Vo:後藤まりこ、「惡の華 -佐伯奈々子-」Vo:南波志帆、「惡の華 -群馬県桐生市-」Vo:しのさきあさこ(宇宙人)となる。
各曲は、惡の華の登場人物や情景をモチーフとした楽曲として構想されている。各話の内容に応じて放送される予定だ。

本作のオープニング曲は、「宇宙人」のしのさきあさこさんのプロデュースがまず発表された。そこへの子さん(神聖かまってちゃん)、後藤まりこさん、南波志帆さんの3名が加わる。
4つの楽曲とも演奏は全て宇宙人が担当する。の子さんと後藤まりこさんは作詞も行なう。様々なヴァリエーションは、それぞれ見どころ、聴きどころが多くなるだろう。

『惡の華』は、2009年より講談社の別冊少年マガジンで押見修造さんが連載しているマンガが原作だ。アニメーション制作はZEXCSで、監督は長濱博史さん、キャラクターデザインは島村秀一さん、シリーズ構成は伊丹あきさんである。
またアニメーション制作では全編ロトスコープの技法が用いられていることが話題となっている。ロトスコープは、いったん役者の演技などを実写で撮影したのち、作画でトレースしてアニメーションに起こしていく作業になる。実写で撮影された動きがそのままアニメーションに反映されるため、まさに実写と同様にリアリティーのあるキャラクターが誕生する。本編の見どころのひとつと言ってもよいだろう。

オープニング曲は5月22日、しのさきさんが歌い直し、組曲のようにつながれた宇宙人の最新シングルとして発売されることになっている。こちらもどのような楽曲に仕上がるのか楽しみだ。
[真狩祐志]

『惡の華』
/http://akunohana-anime.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集