「潔く柔く」注目の“ハルタ”役には高良健吾! 「恋のドキドキを味わった」 | アニメ!アニメ!

「潔く柔く」注目の“ハルタ”役には高良健吾! 「恋のドキドキを味わった」

ニュース

長澤まさみと岡田将生の初共演で贈る『潔く柔く』。先日の中村蒼の出演発表に続き、このほど原作ファンの注目を集めていたキャラクター“ハルタ”役を高良健吾が演じることが明らかになった。

少女漫画家たちがこぞって大ファンを公言する巨匠・いくえみ綾の同名コミックの映画化作品となる本作。高校1年の夏に幼馴染を事故で失ったカンナと、同級生と一緒に事故に遭うも一人だけ生き残ってしまった禄。共に心に傷を負った2人が出会い、過去の悲しい出来事を抱えながらも、心を重ね合わせていく姿を描いたラブストーリーだ。

今回、本作への出演が発表された高良さんが演じるのは、15歳で交通事故により命を絶たれてしまった主人公・カンナの幼馴染“春田一恵”(通称・ハルタ)。カンナにとって忘れられない“過去”であり、心の中で“永遠”に生き続けるクールでシャイな超イケメン少年だ。そんな彼が、この世を去る前に送った人生最後のメールにより、カンナの心は過去に縛られてしまう…。

高良さんは、クランクイン直後にこんなコメントを寄せてくれている。「映画の中で、恋のドキドキを味わえるのと、普段なら恥ずかしくて言えないような台詞があって、それを自分がどう言うかが楽しみでした。役のような経験をしたことないのになぜか懐かしさが漂う現場です」。

昨年から今年にかけ、『キツツキと雨』、『苦役列車』、『横道世之介』、『千年の愉楽』と話題作への出演、そして第36回日本アカデミー賞「優秀助演男優賞」を受賞、さらに今後も『県庁おもてなし課』、『武士の献立』の公開も控えている、人気・実力ともに急成長中の高良さんが、「恥ずかしくて言えないような台詞」をどんな風に見せてくれるのか、注目したい。

『潔く柔く』は10月26日(土)より全国東宝系にて公開。

『潔く柔く』注目の“ハルタ”役には高良健吾! 「恋のドキドキを味わった」

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集