アニメ版から40年後が舞台、3DS「超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼」発売 | アニメ!アニメ!

アニメ版から40年後が舞台、3DS「超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼」発売

ニュース

スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DSソフト『超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼』を6月13日に発売します。

『超速変形ジャイロゼッター』は、アーケードゲームを中心に、テレビアニメやマンガなどクロスメディアで展開しているスクウェア・エニックスの新規タイトルです。ニンテンドー3DS版はRPGとして発売されます。

3DS版は、テレビアニメの設定から40年後の2053年の横浜新都心が舞台。選ばれしドライバーのみが乗ることが出来る「ジャイロゼッター」のドライバーとなった「久堂 ユウキ」は、過去からやってきた「轟 カケル」と世界を救う冒険を繰り広げます。

登場するジャイロゼッターは100種類以上。スバル、トヨタ、日産、マツダ、ミツオカ、三菱に加え、新たな自動車メーカーも参戦決定しています。

初回生産限定特典は、「ライバードHS(ハイパースペック)がもらえる特典コード」と、アーケード版『超速変形ジャイロゼッター』で使用できる「M-046PRグレイドラ(ホログラム仕様)」に決定。

さらにスクウェア・エニックス e-STOREではオリジナル予約特典として、滅諦に手に入らないレアなジャイロゼッターが手に入る「ペンリー13世がもらえる特典コード」を用意。数量限定とのことで、欲しい人は早めの予約を。

なお、ダウンロード版も『ニンテンドーeショップ』で同時配信。パッケージ版よりお買い求めやすい5000円での提供になります。

『超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼』は6月13日発売予定。価格はパッケージ版が5490円(税込)、ダウンロード版が5000円(税込)です。

(C)2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

アニメ版から40年後が舞台、3DS『超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼』発売日決定

《まさと》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集