驚きの再現度! 頭文字Dの世界から飛び出したクルマたち150台とは? | アニメ!アニメ!

驚きの再現度! 頭文字Dの世界から飛び出したクルマたち150台とは?

イベント・レポート

《撮影 瓜生洋明》
  • 《撮影 瓜生洋明》
  • 《撮影 瓜生洋明》
  • 《撮影 瓜生洋明》
  • 《撮影 瓜生洋明》
  • 《撮影 瓜生洋明》
  • 《撮影 瓜生洋明》
  • 《撮影 瓜生洋明》
  • 《撮影 瓜生洋明》
3月10日、千葉県柏市のスーパーオートバックスかしわ沼南において、「頭文字Dプレゼンツ チューンナップカー エキシビジョン」が開催された。藤原拓海仕様の『スプリンタートレノ(AE86)』など、『頭文字D』に登場する車種約150台が集まった。

このイベントは、アニメ版『頭文字D』の制作を手がけるエイベックス・エンタテインメントが企画したもの。「作中に登場する車種であること」という参加条件の下、関東圏を中心に約150台が集まった。

派手なチューニングカーばかりが集まる中、一際注目を集めたのは、インターネット上で知り合ったという『頭文字D』フリークの一団。藤原拓海仕様の『スプリンタートレノ(AE86)』をはじめ、高橋啓介仕様の『RX-7(FD3S)』、高橋涼介仕様の『RX-7(FC3S)』、庄司慎吾仕様の『シビック(EG6)』、佐藤真子仕様の『シルエイティ』など、原作を忠実に再現したクルマが並んだ。

なお、当日の様子は5月に発売されるDVD「頭文字D Fifth Stage Vol.5」に、映像特典として収録される予定。

原作を忠実に再現!頭文字Dの世界から飛び出したクルマたち[写真蔵]

《瓜生洋明@レスポンス》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集