「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段」が7月に全国公開 実写で大活躍 | アニメ!アニメ!

「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段」が7月に全国公開 実写で大活躍

ニュース

実写映画『忍たま乱太郎』が、この夏劇場に再び登場する。子役の加藤清史郎さんが主役を務める『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』の7月6日(土)全国ロードショーが決定した。
本作は尼子騒兵衛さんの原作「落第忍者乱太郎」を実写映画とするものだ。これまでテレビ、アニメ劇場アニメ、舞台などにもなってきた人気作の2本目の実写映画となるアクションとギャグが満載の本作は、夏休みファミリー映画の決定版になるだろう。

今回、忍術学園の忍者のたまご"忍たま"たちが挑むのは、手にした者が天下を制すると言われている妖刀・極楽丸の奪還作戦だ。幻の刀を巡って、さまざまな忍者たちも暗躍し、大騒動に巻き込まれてしまう。天下を狙う黒幕は一体誰なのか。そして乱太郎は、任務を成し遂げることができるのだろうか。
主人公・猪名寺乱太郎役は前作と同様に加藤清史郎さんが演じる。新たなキャストも起用されており、親友のしんべヱ役にはオーディションで選ばれた神月朱理さん、担任の土井半助役にはジャニーズ事務所の内博貴さんを迎えている。バラエティに富んだメンバーの活躍に期待したい。
メガフォンをとったのは平成仮面ライダーや戦隊シリーズを数多く手掛けてきた田﨑竜太監督だ。特撮作品で見せた魅力的なアクションが本作でも生かされることになった。ドジだけど一所懸命な忍たまたちの、ひと回り成長した姿をスクリーンで確認してみたい。

『忍たま乱太郎』の原作『落第忍者乱太郎』は累計部数870万部の大人気マンガだ。1993年にスタートしたテレビアニメは、これまでに1500話以上がオンエアされており、2013年に放送20周年を迎える。
現在では海を越えて、台湾・香港・中国・タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・フィリピン・オセアニア・ヨーロッパ・中南米・アフリカ諸国でも放送されている。さらに2010年からはミュージカルも公演されるなど、様々な展開を見せている作品だ。
[高橋克則]

映画『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』
7月6日(土)全国公開
/http://www.nin-tama.com/index.html

原作: 尼子 騒兵衛「落第忍者乱太郎」(朝日新聞出版刊)
監督: 田﨑竜太

[出演]
加藤清史郎 (猪名寺乱太郎)
林遼威 (摂津のきり丸)
神月朱理 (福富しんべヱ)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集