実写版「xxxHOLiC」 杏さん“侑子のマンガ体型実現に体重を落とし、筋トレで役づくり” | アニメ!アニメ!

実写版「xxxHOLiC」 杏さん“侑子のマンガ体型実現に体重を落とし、筋トレで役づくり”

イベント・レポート

実写ドラマ『xxxHOLiC』(C)2013 WOWOW(C)2013 CLAMP/講談社
  • 実写ドラマ『xxxHOLiC』(C)2013 WOWOW(C)2013 CLAMP/講談社
  • 実写ドラマ『xxxHOLiC』(C)2013 WOWOW(C)2013 CLAMP/講談社
  • (C)2013 CLAMP/講談社
2月24日からWOWOWで、いよいよ実写ドラマ『xxxHOLiC』の放映がスタートする。原作はクリエイティブユニットCLAMPの大ヒツト作だけに、放映前から話題騒然だ。
その放送直前のタイミングとなる2月21日、東京・渋谷のホリックカフェ“ミセ”にて、壱原侑子役の杏さんと、四月一日君尋役の染谷将太さん、さらに豊島圭介監督が登壇する制作発表記者会見が開催された。

会場となったホリックカフェ“ミセ”は、期間限定で作品の世界をリアルに再現したこちらも話題の場所である。そのなかで姿を見せた杏さんと染谷将太さんは、劇中衣装となった。記者会見場がまるで『xxxHOLiC』の世界に変わってしまったかのようだ。

杏さんによれば、今回のこの衣装のアイディアも出すなど積極的に取り組んだ。実は子供のころから本作の大ファンだったのだという。「まさか自分が『xxxHOLiC』の世界に登場するなんて。大好きな作品だけにできるかなと思いましたが、演じられるうれしさが勝ちました。衣裳にもアイディアを出させていただいたし、原作のような漫画体型に見えるよう、体重を3キロぐらい落としたり筋トレをしたりしました」と語った。

また第1話を見て「映像が本当に鮮やかで美しい。まさにダークファンタジーという感じで、実写ならではのドキッとするような怖さもあります。脚本もよく練られていて、現場で演じていても『原作のこのセリフをここで使うのか』と何度もうなることがありました。原作ファンにもドラマから入る方にも楽しんでもらいたいですね」とその仕上がりにも自信を見せた。

こんな杏さんの役作りについて、豊島監督はこう話す。「侑子に関してはもう完全に“監修・杏”でしたね。本番中に杏さんがした指使いが原作のひとコマにあるものだったりして、侑子像を作り上げた杏さんに感動しました」。そ
染谷さんは、侑子のミセで働くことになる高校生・四月一日を演じる。その役作りについて、「人ならぬ“アヤカシ”が見えるという役柄も、撮影現場でアヤカシと触れ合ったのも初めて。原作は読みましたけど、僕は四月一日に似てないでしょ?」と話したが、杏さんと豊島監督から「すごく似ているよ」との発言で、会場では笑いを誘った。

『xxxHOLiC』はCLAMPによる大ヒットマンガで、累計発行部数1200万部にも達する。謎の美女・侑子が女主人を務める“ミセ”を舞台に、アヤカシを視る力を持つ高校生・四月一日など個性的なキャラクターたちが不思議な事件に遭遇するダークファンタジーだ。
WOWOWがこれを完全実写化。2月24日23時から放映をスタートする。全8回、第1話のみ無料放送となっている。

「CLAMPドラマ ホリック xxxHOLiC」
2月24日放送スタート
/http://www.wowow.co.jp/drama/holic/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集