BOOK☆WALKERが海外展開視野 繁体字サイトオープン 台湾版エヴァやハルヒ配信 | アニメ!アニメ!

BOOK☆WALKERが海外展開視野 繁体字サイトオープン 台湾版エヴァやハルヒ配信

ニュース

電子書籍ストアのBOOK☆WALKERが、海外展開も見据えて12月20日よりストア内に中文館(繁体字)のコーナーを新設した。繁体字は台湾や香港など利用されている言葉で、こうした地域から日本来ている読者をターゲットにしたサービスになりそうだ。
配信作品は、台湾國際角川書店が出版するマンガやライトノベルである。第1弾には、日本の人気作品の繁体字翻訳版8作品が並んだ。

マンガは『新世紀エヴァンゲリオン』、『そらのおとしもの』、『未来日記』、『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』の4作品。ライトノベルは『涼宮ハルヒの憂鬱』、『これはゾンビですか?』、『生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録』、『生徒会の日常 碧陽学園生徒会黙示録』である。価格はいずれも税込350円となっている。

BOOK☆WALKERは、角川グループのデジタル戦略会社として設立されたブックウォーカーが運営する。繁体字サービスは、角川書店、富士見書房、台灣國際角川書店股份有限公司との協力で実現した。
BOOK☆WALKERは、ライトノベルやマンガのランナップ豊富さが強みとなっている。こうした分野は日本のカルチャーとして人気が高い。これを背景にブックウォーカーは、電子書籍配信の海外展開も目指しているようだ。
今回のサービスについては、今後の海外展開の第一弾としている。将来的には、外国版のサービスを直接海外在住の読者に届けることもありそうだ。

BOOK☆WALKER 中文館(繁体字)
/http://bookwalker.jp/ex/sp/kadokawa_tw/

[2012年12月20配信開始タイトル]
マンガ:
『新世紀エヴァンゲリオン』、『そらのおとしもの』
『未来日記』、『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』
ライトノベル:
『涼宮ハルヒの憂鬱』、『これはゾンビですか?』
『生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録』、『生徒会の日常 碧陽学園生徒会黙示録』
*それぞれ第一巻のみ、各350円(税込)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集