京まふ限定「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」、生八ツ橋を食べてみた | アニメ!アニメ!

京まふ限定「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」、生八ツ橋を食べてみた

ニュース

京まふ限定「劇場版まどか☆マギカ」生八ツ橋「聖」を食べてみましたのでレポートをお届けします。

「京まふ」こと「京都国際マンガ・アニメフェア 2012」は、9月21日~23日に開催された関西圏のコンテンツ市場の促進を狙って開催されたコンテンツの総合見本市。開催期間中は2万人を超えるファンを集め、京都近隣の企業とマンガ・アニメ産業のコラボレーション商品も数多く展開され多くの注目を集めました。

さらに開催後も「京まふ」ブランドの商品開発による地域事業の振興が展開。その第1弾として「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」より「京まふ」の為に限定で描き下ろされた「着物まどか」イラストと、京都土産の定番「八ツ橋」の老舗「聖護院八ツ橋総本店」のコラボ商品である生八ツ橋「聖(いちご味)」が発売されました。

聖護院八ツ橋は元禄2年(1686年)に創業した老舗の八ツ橋店。その歴史の深い八ツ橋に最新のアニメ映画である「まどマギ」のキャラクターとコラボしているというのは実に面白い試みです。

食べてみた感想としましては、苺の甘ずっまい香りが八ツ橋とマッチしていてかなり美味しかったです。と言いますのも、実は筆者はあまり八ツ橋独特のニッキの香りがあまり得意ではなかったのです。しかしこの「聖(いちご味)」はそんな筆者でも違和感なく、どころかむしろいちご餡と相まって非常に美味しく頂ける味になっていました。普段「八ツ橋はちょっと苦手かも・・・」と思っている方にも是非オススメしたい一品です。

そしてなにより、いちご餡というのが実にまどかちゃんのイメージに合致しています。イメージ的には杏子ちゃんの方が合っているとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、いちごの甘ずっぱく爽やかなフレーバーはまさしく「鹿目まどか」のイメージのそれ。まさしく、まどかちゃんのためのあんこです。まどかちゃんのあんこ美味しいです。

おみやげにも最適な一品ですので、京都にお立ち寄りの際は是非買ってみてください。

「聖(いちご味) まどか(京まふ限定描き下ろしイラスト版)」はアニメイト京都店/アバンティ京都店で販売中、価格は630円(税込)となっています。

(C) Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project

京まふ限定の「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」八ツ橋を食べてみた

《ひびき》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集