伝説の「猪木VS橋本」が蘇る 「刃牙」の板垣恵介が描くTVCM連動ポスター | アニメ!アニメ!

伝説の「猪木VS橋本」が蘇る 「刃牙」の板垣恵介が描くTVCM連動ポスター

ニュース

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は「年の瀬PlayStation祭り」の一環として、11月26日より東京都内でマンガ家の板垣恵介さんが描き下ろした交通広告ポスターの掲出を開始した。放送中のテレビCM「PlayStation Vita『ツイてるパック篇』」と「PlayStation 3『大作ソフトがゾクゾク篇』」に登場しているアントニオ猪木さんと橋本真也さんがモデルだ。

テレビCM中で猪木さんは「出る前に負けること考えるバカがいるかよ!」のアレンジ「みんGOLまでついて今買わねーバカがいるかよ!!」、橋本さんは伝説化したあの名セリフ「時は来た。それだけだ」と見る人に語りかけている。
一方の交通広告ポスターでは、1990年に東京ドームで行われた「アントニオ猪木・坂口征二VS橋本真也・蝶野正洋」のタッグマッチ直前の緊迫インタビューをアレンジしたという板垣さん。『グラップラー刃牙』をはじめとした格闘マンガで定評のある画力によって、伝説の名場面が蘇っている。

ポスターは11月26日からの東京都内のほか、12月3日と4日からはその他6都市を加えて全国7都市での広告展開になる。
また12月3日は、猪木さんの「1・2・3ダー」とプレイステーションの誕生日でもある。それに合わせて公式サイトにて、各12300回限定でオリジナル壁紙をダウンロード出来るキャンペーンを実施する。

なお交通広告が掲出されているのは、JR山手線の新宿駅、渋谷駅、東京駅、池袋駅、新橋駅、秋葉原駅、高田馬場駅、目黒駅、品川駅である。12月3日からは、札幌駅、仙台駅、大阪駅、広島駅、12月4日からは名古屋駅、天神駅(福岡)となっている。地元の駅で確認、ダウンロードして鑑賞と2度の機会を楽しみたい。
[真狩祐志]

年の瀬PlayStation祭り
/http://www.jp.playstation.com/cp/2012winter/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集