アイドルマスターが第54回レコード大賞企画賞に輝く 総出荷数は200万枚突破 | アニメ!アニメ!

アイドルマスターが第54回レコード大賞企画賞に輝く 総出荷数は200万枚突破

ニュース

2005年にアミューズメント施設向けゲーム機からスタートした『THE IDOLM@STER(アイドルマスター)』が、2012年冬に大きな賞に輝いた。音楽業界の年の暮れの祭典・日本レコード大賞の企画賞を「THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 01」が受賞した。
日本レコード大賞は1959年に始まった。その年に最も活躍した楽曲を選ぶ祭典で、国内に数ある音楽アワードのなかでも最も知られた存在だ。企画賞は、独創的な企画とそれによる音楽文化への貢献を表彰する。

『THE IDOLM@STER』では、ゲームのプレイヤーがプロデューサーとなり、仮想のアイドルを育成していく。個性豊かなアイドルたちの存在もあり、多くのファンから支持を集めている。
アミュースメントゲームから飛び出して、家庭用ゲームソフト、ラジオ、テレビアニメ、モバイルゲーム、さらにライブステージなどでさまざまなクロスメディアが展開されている。いずれも大きなヒットとなった。

そうしたコンテンツの中でも、特に重要な要素となっているのが、アイドルたちの歌う楽曲である。これがCDや音楽配信をされ、一大ムーブメントを築いている。多くのキャラクターが、それぞれの個性にあった歌を歌うのが魅力だ。
「THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 01」は、星井美希、四条貴音、我那覇響の3人アイドルが歌とトークを繰り広げる。

音楽関連の発売もとになるコロンビアは、今回の受賞について、「カバー曲のリクエストなどプロデューサーの皆さまのご協力なくしては成立しないシリーズでの受賞となり、感謝の念に堪えません。今後も皆さまの期待に応えるべく、楽曲を制作し発売してまいりますので、よろしくお願いいたします」としている。
今後もファンの要望に応え、コンテンツのさらなる広がりを目指す。

コロムビアによれば、同社がこれまでリリースした『THE IDOLM@STER』の音楽・映像ソフトシリーズの総出荷枚数は200万枚を突破している。
また、これを記念し、「THE IDOLM@STER シリーズ累計200万枚突破記念旧譜フェア」を2012年11月27日から2013年1月末日まで開催することが決定した。

日本コロムビア「アイドルマスター」
公式サイト /http://columbia.jp/idolmaste

THE IDOLM@STER シリーズ累計200万枚突破記念旧譜フェア開催
■ ステッカープレゼント
開催期間: 2012年11月27日~特典終了迄
対象商品・対象店舗の詳細は、コロムビアオフィシャル /http://columbia.jp/idolmaster/で確認ください。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集