GyaO!アワード発表 年間で最も有料配信が多かったのは「ワンピース」 | アニメ!アニメ!

GyaO!アワード発表 年間で最も有料配信が多かったのは「ワンピース」

ニュース

動画番組の有料配信大手GyaO!ストアは、11月16日に「GyaO!ストア アワード 2012」を発表した。このアワードはGyaO パートナーカンファレンスにて、GyaO!ストアの過去1年間(2011年9月~2012年8月)の総合売上げに貢献したパートナーを表彰するものだ。
総合部門のほか、映画、海外テレビドラマ、国内テレビドラマ、アニメ、バラエティ、パチンコ・パチスロの6部門から構成される。GyaO!ストアは、大手動画配信のGyaO!の有料サービス部門で、ヤフーとその子会社GyaOが協力して運営している。

2012年の総合部門には、人気のテレビアニメ『ワンピース』が選ばれた。『ワンピース』はアニメ部門とあわせて2部門での受賞となる。マンガ、テレビ放映でも人気の本作が、動画配信サービスでも多くのファンを獲得している。
このほか映画部門は『ステキな金縛り』、海外テレビドラマ部門は『個人の趣向』、国内テレビドラマ部門は、年間視聴ランキング2位の『家政婦のミタ』であった。

GyaO!ストアは、アワードの発表に合わせて、期間中の番組視聴率ランキングを発表している。全て有料配信を集計したものなので、ネットユーザーがお金を払って視聴するランンキングとしても興味深い結果になっている。
こうしたなかでアニメ番組の活躍も目立つ。総合1位の『ワンピース』のほか、5位に「NARUTO -ナルト-」シリーズ、6位に『紺碧の艦隊』、8位に「聖闘士星矢」シリーズ、9位に「逆境無頼カイジ」シリーズとベスト10に5作品がランキングする。
ユーザー層の違いからか、アニメ専門の配信サイトと人気がやや異なるのも特徴だ。さらにこの後は、12位『ジパングBroadBandEdition』、13位「はじめの一歩」シリーズ、14位『宇宙戦艦ヤマト2199』、15位「夏目友人帳」シリーズ、18位『ドラゴンボールZ』、20位『機動戦士ガンダムUC』が続く。

GyaO!  /http://yahoo.jp/5s-_i0
GyaO!ストア  /http://yahoo.jp/7C9D5Z

「GyaO!ストア アワード 2012」

総合売上部門
「ワンピース」

映画部門
「ステキな金縛り」

海外TVドラマ部門
「個人の趣向」

国内TVドラマ部門
「家政婦のミタ」

アニメ部門
「ワンピース」

バラエティ部門
「水曜どうでしょう」

パチンコ・パチスロ部門
「嵐・梅屋のスロッターズ☆ジャーニー」

集計対象:2011年9月期~2012年8月期


【PR】世界に一つだけのエディションナンバー  ワンピースの限定ウォッチ
「新世界編 オフィシャルライセンスウォッチ 新たなる指針 (ネクスト・ポース)」

/http://iei.jp/op15-an/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集