「おおかみこどもの雨と雪」の舞台で農業体験ツアー開催、富山で主人公・花の生活を実践 | アニメ!アニメ!

「おおかみこどもの雨と雪」の舞台で農業体験ツアー開催、富山で主人公・花の生活を実践

ニュース

映画『おおかみこどもの雨と雪』は7月21日(土)のロードショー以来、着実に客足を伸ばしてきた。観客動員数は340万人を突破、興行収入も41億円に達し、今夏最大級のヒット作へ成長を遂げている。
本作の舞台は富山がモデルとなっており、劇中には雄大な山岳や山間に広がる棚田など美しい背景が数多く登場する。その生活を味わうことができる「暮らし体験会」が富山県で開催される。

この企画は、都会から引っ越してきた主人公・花と同じように、富山の暮らしを実際に体験する宿泊プランだ。参加者は富山県の上市町と立山町へ実際に訪れ、農作業や伝統文化に触れることができる。
花が住んでいる家のモデルである古民家への訪問もする。家主から映画にまつわる話を聞きながらの語らいなども予定している。

富山は3,000メートル級の山々が連なる「立山連峰」や水深1,000メートルを超える「富山湾」をはじめとした、美しく豊かな自然を有している。季節の移り変わりを鮮明に感じられ、新鮮で多彩な食材に恵まれた土地だ。
また上市町は細田守監督の出身地でもある。数々のヒット作を生み出す監督の原点を探るイベントになりそうだ。

「暮らし体験会」は1泊2日と2泊3日の2種類のプランが用意されている。日程は第1回が11月10日(土)から11日(日)の一泊二日、第2回が11月23日(金・祝)から25日(日)までの二泊三日となる。代金は第1回が14,800円、第2回が28,800円だ。(一人当り、2名1室利用時)
富山県は定住促進にむけて様々なキャンペーンを行っており、本企画もその一環となっている。『おおかみこどもの雨と雪』を観て、富山での暮らしに興味を持った人には最適の体験会だ。
[高橋克則]

富山プロジェクト「富山県での暮らし体験会」
/http://www.chitetsu-s.com/travel/077toyama_project.php

『おおかみこどもの雨と雪』舞台のモデル
富山県での暮らし体験会

第1回: 平成24年11月10日(土)~11日(日)(1泊2日)
第2回: 平成24年11月23日(金・祝)~25日(日)(2泊3日)
募集人数:各30名(最少催行人数/各20名)※申込み先着順
旅行代金:
第1回 14,800円(一人あたり/2名1室利用時)/第2回 28,800円(一人あたり/2名1室利用時)
※富山駅までの交通費は各自負担
対象:富山県での暮らしに関心のある県外在住者の方
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集