桂先生と浪川、宮野、遊佐、一青窈が豪華競演 「ZETMAN」BD/DVD発売記念イベント | アニメ!アニメ!

桂先生と浪川、宮野、遊佐、一青窈が豪華競演 「ZETMAN」BD/DVD発売記念イベント

ニュース

桂正和さんが「週刊ヤングジャンプ」(集英社)に連載する人気マンガ『ZETMAN』がアニメ化された。2012年4月から6月まで放映され大好評を博した本作は、現在、Blu-ray DiscとDVDが順次リリース中である。
このBDとDVDのvol.1の発売を記念したイベント「ZETNIGHT 3」が、8月24日、東京・お台場シネマメディア―ジュ・シアターで開催され大盛況となった。

今回のイベントは、こちらも大盛況であった「ZETNIGHT」、「ZETNIGHT 2」に続くものだ。イベントは2部構成、第1部は文化放送の「超!A&G+」のラジオ「ZET NIGHT RADIO」の公開収録、そして第2部は登壇者による生コメンタリー付きの最終話「葬列」の上映会となった。
当日は、スタート当初は神崎人役の浪川大輔さん、天城高雅役の宮野真守さんのふたりで進行と思いきや、サプライズゲストとして桂正和さん、灰谷政次役の遊佐浩二さん、さらにシークレットゲストにエンディングテーマ「とめる」を歌う一青窈さんが登場するなど豪華な出演陣となった。

第1部は浪川大輔さんと宮野真守さんの軽快トーク、宮野さんが知られざる浪川さんの姿を語るなど会場は大盛りあがり。
そしてリスナーの恥ずかしい過去を暴く「暴きの輪」に進む。一通目の手紙を紹介した直後に登場したのが原作者・桂正和さん、さらに遊佐浩二さんが登場となった。ここからは4人で番組を展開していった。

第2部は上映会でも、この4人が生コメンタリーという贅沢なものだった。ここでは灰谷についての貴重な情報が桂正和さんから語られた。
そして、続きが気になる終わり方について桂先生が、「これは続きが見たいでしょ。完全にアニメオリジナルの方向性になっていますからアニメオリジナルの続きが見てみたいですよね」と話しての幕となった。

上映のあとには、一青窈さんが静まり返った会場に姿を見せた。そこでエンディングテーマ「とめる」の生ライブとなった。歌い終えた一青さんはZETMANファンの前では初めて歌ったことから「緊張しました」とことだった。
そして、歌について桂正和さんが「素晴らしいですよね。そこまでちゃんとやってくれるとは思わなかった。作品を見て作品の為に書いてもらえるとは原作側って思っていないんですよ。ありがたかったです。」と絶賛した。
今回のイベントの模様は映像にまとめられ、11月23日に発売となる。『ZETMAN』BD/DVD vol.6の特典映像として収録されるとのことだ。イベントには行けなかった人にはこちらがお薦めである。

アニメ『ZETMAN』
公式サイト /http://zetman.jp
公式Twitter /http://twitter.com/ZETMAN_anime

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集