桂正和「ZETMAN」アニメ化決定 2012年4月TV放映開始 | アニメ!アニメ!

桂正和「ZETMAN」アニメ化決定 2012年4月TV放映開始

人気マンガ家桂正和さんが、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載するSFヒーローマンガ『ZETMAN』がテレビアニメ化される。

ニュース
 人気マンガ家桂正和さんが、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載するSFヒーローマンガ『ZETMAN』がテレビアニメ化される。10月19日に発表された。2012年4月から放映スタートを予定する。
 監督は『D.Gray-man』や『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』の鍋島修さん、脚本をイナズマイレブンシリーズ、バトルスピリッツシリーズの冨岡 淳広さんが担当する。また、キャラクターデザインは『結界師』、『超者ライディーン』の高谷浩利さん、さらに『パコと魔法の絵本』などで活躍するガブリエル・ロベルトさんが音楽に起用された。
 アニメ制作は大手制作会社のトムス・エンタテイメントが決まっている。放送局や放送時間は発表されていないが、注目の作品のひとつなりそうだ。

 『ZETMAN』は、2002年から連載をスタートした。異形の殺人鬼と出会ったことから不思議な力を持つ少年ジンの運命は一変し、戦いに巻き込まれて行く。
 作品はこれまでにないヒーローのかたちを提示し、ニューヒーローSFアクションを掲げる。10年を超える連載は多くの熱烈なファンにより支持を受け、シリーズ累計350万部を突破するほどの人気だ。長年、アニメ化が待望されていただけに満を持してアニメ化と言っていいだろう。

 桂正和さんは『ウイングマン』がテレビアニメ化されたほか、『電影少女』、『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』といった作品がアニメ化されている。また、2011年は大ヒット作『TIGER&BUNNY』のキャラクター原案、ヒーローデザインで注目を浴びた。アニメとの関わりは深い。
 今回は、自身の代表作といえる『ZETMAN』でアニメと関わることになる。来年4月にどんな作品が登場するか、いまから期待される。

アニメ『ZETMAN』 /http://zetman.jp/
2012年4月TVアニメ放映スタート

原作: 桂 正和 
監督: 鍋島 修 
脚本: 冨岡淳広
キャラクターデザイン: 高谷浩利 
音楽: ガブリエル・ロベルト  
アニメーション制作: トムス・エンタテインメント
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集