ブシロード、「ヴァンガード」をニンテンドー3DSでゲーム化 | アニメ!アニメ!

ブシロード、「ヴァンガード」をニンテンドー3DSでゲーム化

トレーディングカードゲームのブシロードは「スペシャルカンファレンスin東京ゲームショウ2012」を開催。待望の初のゲーム化『カードファイト!!ヴァンガード ライド・トゥ・ビクトリー』がニンテンドー3DS向けに開発中であることを明らかにしました。

ニュース
スペシャルカンファレンスin東京ゲームショウ2012
  • スペシャルカンファレンスin東京ゲームショウ2012
  • プロレスリングで行われたため、少々見づらい写真で失礼します
  • プロデューサーの島村匡俊氏
  • フリューの藤原綾乃氏
  • ドクター・オー
  • 「ヴァンガード」3DSでゲーム化
  • ヴァンガード」3DSでゲーム化
  • ヴァンガード」3DSでゲーム化
トレーディングカードゲームのブシロードは初出展の東京ゲームショウ2012ブースにて「スペシャルカンファレンスin東京ゲームショウ2012」を開催。待望の初のゲーム化『カードファイト!!ヴァンガード ライド・トゥ・ビクトリー』がニンテンドー3DS向けに開発中であることを明らかにしました。

「カードファイト!!ヴァンガード」はブシロードが展開するトレーディングカードゲーム。カードゲームとして非常に高い人気を集めるだけでなく、昨年初頭からはテレビ東京系にてアニメも放送中です。

ステージにはプロデューサーの島村匡俊氏が登壇。3DS版について明らかにしました。3DS版はブシロードではなく、ゲームメーカーのフリューが開発を担当。ストーリーはゲームオリジナルで、アニメのキャラクターが多数登場し「ほとんど全てのキャラクターと対戦が可能」(フリュー側のプロデューサーの藤原綾乃氏)だとのこと。

ゲームはカードバトルゲームで、街を歩いて出会ったキャラクターと対戦し、勝利することでポイントを集めて、カードを購入して最強デッキを作り上げていきます。非常に細部まで作りこまれているといい、カードを購入する際の開封の表現やレアカード率の計算までされているそうです。もちろんルールは現実のカードに基づいたものになります。

アニメから「ヴァンガード」に触れて、カードのルールを知らないユーザーでも楽しめるよう、チュートリアルには力を入れているそうです。3DSから入って、今度はカードゲーム楽しんでもらうということにも期待しているそうです。「アナログのカードゲームは覚えることが多いのですが、チュートリアルを楽しんでいる内に自然にルールを学べるようにしています」(島村氏)とのこと。

3DSということでローカルでもインターネットでも対戦が楽しめます。インターネット対戦ではフレンドコードを交換したユーザーはもちろんのこと、そうでないユーザーとも戦績などで実力の近いユーザーと自動的にマッチングして対戦が可能です。

登場するカードは「第~弾まで収録されるというのは現時点では言えない」(藤原氏)とのことでしたが、少なくとも1000枚以上のカードが収録されるとのこと。期待がかかります。

最後に島村氏は「実は最初のヴァンガードがカードゲームとして発売される前から、ビデオゲームを望む声はありました。私自身もいつかは実現したらいいなと思っていたものです。発売まで少し時間がありますが、随時情報は出していくので楽しみにしていてください」と締め括りました。

【TGS 2012】人気の「ヴァンガード」が遂にニンテンドー3DSでゲーム化決定

《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集