「デート・ア・ライブ」アニメ化は2013年始動 富士見書房40周年記念で | アニメ!アニメ!

「デート・ア・ライブ」アニメ化は2013年始動 富士見書房40周年記念で

ニュース

富士見ファンタジア文庫の人気ライトノベル『デート・ア・ライブ』のアニメ化企画が、2013年にスタートする。スタッフ、キャストと共に、9月18日に発表された。
本作は橘公司さん(著)、つなこ さん(イラスト)による小説で、2011年3月より刊行が始まった。世界を破壊する力を持つ“精霊”である少女と主人公・五河士道を中心に新世代ボーイ・ミーツ・ガールのストーリを描く。本作は今年設立40周年を迎えた富士見書房の40周年記念作品ともなっている。

アニメ化にあたっては、制作をAIC PLUS+が担当する。さらに監督には『刀語』や『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』などのヒット作を持つ元永慶太郎さんを起用する。また、ヴィジュアルディレクターを斎藤久さん、シリーズ構成を白根秀樹さん、キャラクターデザインを石野聡さんが担当する。
さらにオープニングテーマをsweet ARMSが歌うことも決まっている。sweet ARMSはアニメ『うぽって!!』のエンディングも歌う、野水伊織さん、富樫美鈴さん、佐土原かおりさん、味里さんによるユニットだ。

キャストでは主人公・五河士道役に『あの夏で待ってる』で霧島海人役を演じた島崎信長さんが決まっている。世界を滅ぼす“精霊”である夜刀神十香役に井上麻里奈さん、さらに竹達彩奈さん、富樫美鈴さん、野水伊織さん、真田アサミさん、佐土原かおりさんら豪華な顔ぶれだ。
アニメ化企画は2013年とのことだが、リリース時期やリリース形態は未発表。今後のさらなる情報を待つことになる。

『デート・ア・ライブ』は、世界を滅ぼす少女と出会った五河士道と“精霊”と呼ばれる少女・夜刀神十香と出会うところから始まる。
彼女は30年前突如現れた”精霊”で、世界はそれにより数億の人口を失った。彼女を止めるたったひとつの方法は、デートしてデレさせること!? 世界を殺す少女を止めるため、五河士道の物語が始まる。

『デート・ア・ライブ』
アニメ公式サイト /http://date-a-live-anime.com/

[スタッフ]
原作: 橘公司
原作イラスト: つなこ (ドラゴンマガジン連載:ファンタジア文庫刊)

監督: 元永慶太郎
ヴィジュアルディレクター: 斎藤 久
シリーズ構成: 白根秀樹
設定考証: 鈴木貴昭
キャラクターデザイン: 石野聡
メカデザイン: 明貴美加
音響監督: えびなやすのり
音楽: 坂部剛
音楽制作: 日本コロムビア
OPテーマ: sweet ARMS
アニメーション制作: AIC PLUS+

[キャスト]
五河士道: 島崎信長
夜刀神十香: 井上麻里奈
五河琴里: 竹達彩奈
鳶一折紙: 富樫美鈴
四糸乃: 野水伊織
時崎狂三: 真田アサミ
岡峰珠恵: 佐土原かおり
崇宮真那: 味里
村雨令音: 遠藤綾
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「マケン姫っ!」 10月4日放映スタート 先行上映イベントも 画像 「マケン姫っ!」 10月4日放映スタート 先行上映イベントも
  • サテライトが贈るアニメ「異国迷路のクロワーゼ」7月スタート 画像 サテライトが贈るアニメ「異国迷路のクロワーゼ」7月スタート
  • 「生徒会の一存」に公認ファンブック 3月20日発売 画像 「生徒会の一存」に公認ファンブック 3月20日発売

特集