10月20日公開「伏 鉄砲娘の捕物帳」 キャスト陣作品を語る コメント公開 | アニメ!アニメ!

10月20日公開「伏 鉄砲娘の捕物帳」 キャスト陣作品を語る コメント公開

ニュース

10月20日(土)より桜庭一樹さんの小説を原作にした『伏 鉄砲娘の捕物帳』の全国ロードショーがスタートする。
滝沢馬琴の古典『南総里見八犬伝』に新たな解釈を加えた本作は、人と犬の血をひいた「伏」を巡る物語だ。映画ではアニメならではのエンターテイメント性を追求し、さらに大胆なアレンジを施しているという。

本作は個性豊かなキャスト陣の起用が話題を集めている。先日は落語家の桂歌丸さん、俳優・映画監督の竹中直人さん、お笑いタレントの劇団ひとりさんの出演が発表された。主題歌『蝶々結び』を歌うアーティストCharaさんも声優として参加している。
もちろん本職の声優も人気と実力を兼ね備えた豪華な面々が揃っている。ヒロインの浜路には『けいおん!』琴吹紬役の寿美菜子さん、物語の中心となる信乃役に『機動戦士ガンダム00』刹那役の宮野真守さん、冥土役に『エウレカセブンAO』アラタ・ナルなどで好評を博している宮本佳那子さんが起用された。加えて小西克幸さん、坂本真綾さん、水樹奈々さん、神谷浩史さん、野島裕史さんと言った主役級のキャストが脇を固めている。

映画の公開を控え、9月14日(金)からは寿美菜子さんと宮本佳那子さん、メインキャスト二人によるWEBラジオの配信も開始した。「寿美菜子と宮本佳那子のふせらじ!」と題されたWEBラジオは現在プレ配信中だ。
10月5日(金)には第1回がスタート。以降毎週金曜日に更新予定となっており、インターネットラジオステーション音泉で試聴することができる。また京成電鉄とのキャンペーンもスタートした。

また、このほど主要キャストのコメントも発表された。コメントからはキャスト陣が意欲的に本作に挑んでいる様子も伝わって来る。
映画公開に向けて着々と盛り上がりを見せている。『伏 鉄砲娘の捕物帳』は10月20日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー。
[高橋克則]

■ 浜路役 寿 美菜子
「いろんな意味で重量感のある作品に関わることが出来て、嬉しいです。台本を読んだ時はとても切ない気持ちになりました。でも監督の想いがたくさん詰まって、読み取れる書き方だったので、そこを見落とさないよう気をつけました。
共演者や監督達とご飯を囲んだりしながらも、ずっと作品の話をしていました。限られた時間の中で作品を共有して、一緒に作り上げて行こうという意識があったからだと思います。
映像も色鮮やかで、そこに役の感情が入ると、余計に切なく映ります。絵、音、感情、全てを楽しんでもらいたいです。」

■ 信乃役 宮野真守
「台本を読ませていただいたとき、「里見八犬伝」をこう描くとは! と感動しました。この映画は、「恋愛」という一言では言い表せないほど、深く繊細な、恋の物語です。「愛」とはなんなのか、「絆」とはなんなのか、「生きる」とは、「人間」とはなんなのか…。
主人公の浜路や、信乃たちの成長を通して、ぜひ感じていただきたいです。ビジュアルもすごく華やかで美しいですし、音楽もとてもオシャレ。
そんな、まったく新しい「時代劇」を、是非、映画館でお楽しみください!」

■ 冥土役 宮本佳那子
「私が演じた冥土という女の子は、江戸の街中にこっそり潜んで道行く人を観察してるような街中オタク。
江戸の街には事件がたくさん! それを観察をして瓦版を書いています。
すごく引っ込み思案でシャイな子なんですが瓦版を書くことによって道行く人に知ってもらいたい、つながりたいと思っています。みなさんも是非、冥土と一緒に江戸の街中観察してみてくださいね!!」

■ 道節役 小西克幸
「とっても楽しい映画です。油断していると色んな仕掛けをのがしちゃうかも!
色んな人たちの人生が重なり合って、1本の作品になっています。僕の演じる道節はとっても人間くさくてカッコよくありませんが、気にいってもらえると嬉しいですね。ま
ずは、何も考えずに観て下さい! 後悔させませんよ!」

■ 船虫役 坂本真綾
「江戸時代のキャリアウーマン、船虫を演じながら、いつの時代も働く女性の姿って共通点があるのだろうなと想像しました。
「負けたくないし…でも私だって色々怖いんだよ」という台詞が印象的でした。」

■ 凍鶴役 水樹奈々
「オーディションで原稿を読ませていただいた時から、あっという間に作品世界に引き込まれ、ぜひ演じたい! という気持ちでいっぱいでした。
凍鶴はナンバーワンの花魁なのですが、実は悲しい運命を背負っていて…。匂い立つ色香と、ナンバーワンだからこその強さと孤独、光と影をセリフに込められるよう意識して演じました。
人と人との繋がり、絆を感じる、見ごたえある作品に仕上がっていますので、ぜひみなさん劇場に足を運んでくださいっ!」

■ 馬加役 神谷浩史
「街にたむろしているチンピラのまとめ役で、信乃に対して復讐心を燃やすサンピン侍と言う…。僕との共通点を探すのが難しい、今までチャレンジしたことのない役柄だったので最初に戸惑いはありましたが、非常に楽しみながらアフレコをさせていただきました!
魅力的な江戸の世界を存分にお楽しみください!」

■ 家定役 野島裕史
「江戸の舞台へファンタジーが自然に馴染んでいる世界観や、魅力的なキャラクターに、冒頭から引き寄せられてしまいました。そんななかに入り込めるのか…、将軍であり繊細な『家定』の演技は正直悩みました。
でも実際収録が始まるとスタッフ、キャストの息がとても良く合い、不思議にスーッと役になる事ができました。皆様もきっと映画が始まってすぐに、この素敵な世界に入り込めると思いますよ!」

『伏 鉄砲娘の捕物帳』
10月20日劇場公開
公式サイト /http://fuse-anime.com
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集