こんどは“スモールライト”が付録 大ヒット「ドラえもん ふしぎのサイエンス」第2号 | アニメ!アニメ!

こんどは“スモールライト”が付録 大ヒット「ドラえもん ふしぎのサイエンス」第2号

「ドラえもん ふしぎのサイエンス」第2号が、9月7日(金)に発売となった。作中に登場する人気のアイテムをコンセプトにした付録が話題を呼ぶシリーズだ。第2号の「科学ふろく」は「風力発電 ピカッとLEDライト 走れ! ドラえもん」だ。

ニュース
「風力発電 ピカッとLEDライト 走れ! ドラえもん」
  • 「風力発電 ピカッとLEDライト 走れ! ドラえもん」
  • ドラえもん ふしぎのサイエンス 第2号
小学館の「ドラえもん ふしぎのサイエンス」第2号が、9月7日(金)に発売となった。作中に登場する人気のアイテムをコンセプトにした付録が話題を呼ぶシリーズだ。
創刊号は「空飛ぶドラえもん 手回し発電タケコプター」が人気を呼び、異例の大増刷となった。第2号も充実した誌面、そして付録が展開されている。

そのシリーズの特徴となる付録は、ドラえもんのひみつ道具を模した「組み立て式の科学ふろく」である。通常のアイテムと異なり異なり自分の手で完成させることで楽しみながら科学を学ぶことが出来るというものだ。
第2号の「科学ふろく」は「風力発電 ピカッとLEDライト 走れ! ドラえもん」だ。風を受けると“スモールライト”がピカピカと点滅する。そしてドラえもんの手足がフリフリ動く、可愛らしいふろくとなっている。もちろんただの玩具ではなく半完成品キットになっているので、組み立てながら発電の仕組みを知ることができる。

また、誌面ではオールカラーの「ドラえもんの新作マンガ&記事」が理解の手助けをしてくれる。ドラえもんといっしょに科学のふしぎを味わえる、全く新しい科学ムックシリーズである。
特集記事ではふろくと連動して「電気の作り方」について解説している。発電や電池のひみつなどを分かりやすく説明しており、子供はもちろん大人も充分に楽しめる内容だ。ほかにも台風や竜巻を解き明かす「風はなぜ吹くのか?」、さかなクンが教える「お魚のふしぎ うおっチング」、科学の偉人名言コーナーなど盛りだくさんの誌面となっている。

さらに全巻購読キャンペーンも実施している。特典は創刊号の「科学ふろく」で人気となった「手回し発電タケコプター」のび太バージョンだ。創刊号のドラえもんバージョンと一緒に飛ばせば楽しさも2倍に跳ね上がる。
『ドラえもん ふしぎのサイエンス』第2号はオールカラー68ページ。定価1,890円(税込)で全国書店にて販売している。
[高橋克則]



ドラえもん ふしぎのサイエンス 第2号
/ http://www.shogakukan.co.jp/pr/dorafushigi/
発売日: 2012年9月7日
定価: 1,890円(税込)
判型/頁: A4変/68頁
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集