「マクロスFB7 オレノウタヲキケ!」10月20日より全国イベント上映 「マクロス7」と「マクロスF」が融合  | アニメ!アニメ!

「マクロスFB7 オレノウタヲキケ!」10月20日より全国イベント上映 「マクロス7」と「マクロスF」が融合 

『マクロス7』と『マクロスF』2本の作品が融合した新作映画『マクロスFB7(エフビーセブン) オレノウタヲキケ!』が10月20日(土)より、新宿ピカデリーはじめ全国の劇場17館にてイベント上映されることが発表された。

ニュース
 
  •  
  • 『マクロス7』
  • 『マクロスF』
  •  
「マクロス30周年プロジェクト」として、さまざまなイベントが展開している2012年に、新たな作品が加わる。『マクロス7』と『マクロスF』2本の作品が融合した新作映画『マクロスFB7(エフビーセブン) オレノウタヲキケ!』が10月20日(土)より、新宿ピカデリーはじめ全国の劇場17館にてイベント上映されることが発表された。

『マクロスFB7』は、『マクロス7』テレビシリーズをリマスターし新たに再構築、そこへ『マクロスF』の完全新作映像を加えてひとつに融合させた。まったく新しいタイプのエンターテインメント作品である。
オリジナルのテレビアニメ『マクロス7』は1994年から1995年に放送され大ヒットした。劇中に登場するロックバンド"FIRE BOMBER"の楽曲もヒットチャートを賑わせた。
『マクロスF』は、それより13年後の2008年に放送され、ランカ・リーとシェリル・ノームのダブルヒロインが大きな話題となり、歌を手がけた中島愛さんとMay'nさんを一躍スターにした。劇場版2部作「イツワリノウタヒメ」と「サヨナラノツバサ」が公開されたのも記憶に新しい。

今回の『マクロスFB7』は、『マクロス7』を手がけたアミノテツロさんが監督をつとめ、人気の2作品を融合させる。
物語は西暦2059年、銀河を航行中の移民船団「マクロス・フロンティア」から始まる。未知の敵バジュラと最前線で戦うS.M.Sスカル小隊隊長のオズマ・リーは、ある日バジュラとも違う謎の生命体と遭遇し、ある船団の記録映像を回収する。その映像を見たオズマ、ランカ、シェリルは……。

また、公開に合わせて、『マクロス7』FIRE BOMBER 2012』ライブの開催も決定した。11月23日(金)渋谷公会堂、24日(土)なんばHatchの2公演となる。一般前売り券は、9月1日(土)より、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス、CNプレイガイドにて発売される。
[多摩永遠]


『マクロスFB7 オレノウタヲキケ』
2012年10月20日(土)より全国劇場にてイベント上映
/http://macross30.com/fb7/

[スタッフ]
原作: 河森正治/スタジオぬえ
監督・脚本: アミノテツロー
「マクロス7」アニメーションキャラクター: 桂憲一郎
「マクロス7」キャラクター原案: 美樹本晴彦
キャラクターデザイン: 江端里沙、高橋裕一
バルキリーデザイン: 河森正治
音響監督: 三間雅文
音楽制作: フライングドッグ/ボーダーライン
制作協力: マクロス7制作スタッフ
製作協力: マクロス7製作委員会
製作: 毎日放送/ビックウエスト/マクロスFB7製作委員会

[キャスト]
オズマ・リー: 小西克幸
ボビー・マルゴ: 三宅健太
シェリル・ノーム: 遠藤綾
ランカ・リー: 中島愛
ルカ・アンジェローニ: 福山潤
ミハエル・ブラン: 神谷浩史
クラン・クラン: 豊口めぐみ
カナリア・ベルシュタイン: 桑島法子
ほか
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集