「神様はじめました」 10月1日よりテレビ東京放映開始 主人公:奈々生は三森すずこさん | アニメ!アニメ!

「神様はじめました」 10月1日よりテレビ東京放映開始 主人公:奈々生は三森すずこさん

『神様はじめました』の放送日時と主要キャストが決定した。テレビ放映は、10月1日(月)2時5分よりテレビ東京にてスタートする。また、アニメ専門チャンネルAT-X他でもオンエア予定だ。

ニュース
7月初めにテレビアニメ化が発表された『神様はじめました』の放送日時と主要キャストが決定した。テレビ放映は、10月1日(月)2時5分よりテレビ東京にてスタートする。また、アニメ専門チャンネルAT-X他でもオンエア予定だ。

主人公・桃園 奈々生を演じるのは『探偵オペラ ミルキィホームズ』の三森すずこさんとなる。相手役の巴衛(ともえ)には『いつか天魔の黒ウサギ』の立花慎之介さんが選出された。二人ともに近年のアニメ作品で主役を務めた経験を持つ人気声優だ。
その他の主要キャラクターは、鞍馬役に『ヴァンパイア騎士』の岸尾だいすけさん、瑞希役に『はぐれ勇者の鬼畜美学』の岡本信彦さん、ミカゲ役に『エリアの騎士』の石田彰さんが脇を固めている。少女マンガ原作の本作らしく女性に人気のある実力派声優を取り揃えた形だ。
主人公のクラスメイト猫田あみ役には『氷菓』の佐藤聡美さんが担当しており、女性はもちろん男性ファンも気になるキャスティングとなっている。

本作は鈴木ジュリエッタさんが手掛ける少女マンガを原作に持つ。現在「花とゆめ」(白泉社刊)にて好評連載中で、単行本は既刊12巻・累計100万部を突破している。
監督にはコメディーとギャグの演出に定評のある大地丙太郎さんが起用された。大地監督は脚本・シリーズ構成も兼ね、原作のストーリーにオリジナル展開をプラスしていく方針が発表されている。アニメーション制作はトムス・エンタテインメントが担当する。

父親が家出して、若い身空でホームレスとなってしまった女子高生・桃園奈々生。困っている奈々生の前に「私の家を譲りましょう」という怪しい男が現れる。男の正体は土地神のミカゲだった。奈々生は家(=廃神社)と引き換えに神様の仕事を任されてしまう。
しかも社には、性格最悪で凶暴な妖狐・巴衛が神使として居座っていた。社の仕事をこなす奈々生に、巴衛はいつも悪口ばかり。ある日奈々生は「神使の契約を結べば、巴衛が絶対服従する」という話を聞く。喜んで契約方法を尋ねると「口づけ」だって…?「冗談じゃない!巴衛とキスするぐらいなら出て行ってやる!!」奈々生の明日は果たしてどうなるのか。
大地監督は本作と同じく「花とゆめ」で連載されていた『フルーツバスケット』のアニメを手がけた経験も持つ。幅広いジャンルの原作を鮮やかにアニメ化し続けてきた監督の手腕に期待がかかる。
[高橋克則]

『神様はじめました』
10月1日よりテレビ東京他にて放送予定

『神様はじめました』 アニメスペシャルサイト
/http://www.mikagesha.com
白泉社「神様はじめました/花とゆめ」特設サイト
/http://www.hanayume.com/kamisama/

[スタッフ]
原作: 鈴木ジュリエッタ(「花とゆめ」連載中)
監督: 大地丙太郎
キャラクターデザイン: 山中純子
アニメーション制作: トムス・エンタテインメント

[キャスト]
桃園 奈々生: 三森すずこ
巴衛: 立花慎之介
鞍馬: 岸尾だいすけ
瑞希: 岡本信彦
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集