名将ドメルは大塚明夫さんに決定 「宇宙戦艦ヤマト2199」 | アニメ!アニメ!

名将ドメルは大塚明夫さんに決定 「宇宙戦艦ヤマト2199」

ニュース

今年4月の第一章イベント上映より順次リリースされている『宇宙戦艦ヤマト2199』に、シリーズの敵キャラクターとして人気の高いドメルがいよいよ登場する。第四章に姿を見せることになった。また未発表だった声の出演に、大塚明夫さん決定したことが発表された。
大塚明夫さんは「攻殻機動隊」シリーズのバトー役やゲーム『メタルギア ソリッド』シリーズのスネーク役、さらに最近は『Fate/Zero』のライダー役で人気だ。外画の吹き替えでも活躍しており、スティーブン・セガールやニコラス・ケイジの声として活躍する。渋みのある大人の男の声に定評がある。

その大塚明夫さんが、“宇宙の狼”として名を馳せるガミラス帝星の名将を演じる。大物声優が次々に登場する本作だが、新たな大物の登場が、作品の盛り上げにも一役買いそうだ。

今回の出演にあたって大塚明夫さんは、作品への意気込みをコメントとして明らかにしている。
「能力的には優れているけれども、独善的で、組織人としては不器用な所もある。」これが、現時点で私が抱く“ドメル”の印象です。第七章までの長い航海の中で、“ドメル”がどのような生き方を貫いて行くか?今から非常に楽しみです。
現場は、これ以上ない個性豊かなメンバーに恵まれています。旧作のイメージを尊重しつつも新たな気持ちで、出渕総監督が描く「2199」の“ドメル”を演じて行きたいです」

10月13日からイベント上映を予定する第三章「果てしなき航海」は、本編第7話「太陽圏に別れを告げて」、第8話「星に願いを」、第9話「時計仕掛けの虜囚」、第10話「大宇宙の墓場」の4話が映画サイズにまとめられる。
第三章ではデスラー自ら立案したガス生命体と灼熱の恒星グリーゼ581のフレアに挟まれ絶体絶命の危機に陥るヤマトが描かれるほか、旧作にはないガミラスとの接触などのオリジナルストーリーも盛り込まれる。ドメルの活躍は、さらにこの先、第四章となる予定だ。2012年後半から2013年に向かって、ますますストーリーは盛り上がりを見せる。

『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章 「果てしなき航海」
10月13日より全国10館(予定)にてイベント上映開始
新宿ピカデリー/横浜ブルク13/MOVIX柏の葉/MOVIXさいたま/MOVIX宇都宮/なんばパークスシネマ/MOVIX京都/ミッドランドスクエアシネマ/福岡中洲大洋/札幌シネマフロンティア

第3巻 Blu-ray Disc&DVD 11月22日発売決定
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集