「モンスターズ・ユニバーシティ」2013年夏公開 「モンスターズ・インク」に前日談 | アニメ!アニメ!

「モンスターズ・ユニバーシティ」2013年夏公開 「モンスターズ・インク」に前日談

ニュース 映画/ドラマ

ディズニー/ピクサー作品の中でも『モンスターズ・インク』は最も愛されているアニメーションのひとつだ。続編への希望の声が絶えなかった本作がついに、2013年夏『モンスターズ・ユニバーシティ』として全国公開される。世界中が注目するその予告編が解禁となった。

『モンスターズ・インク』は人間の子どもの悲鳴がエネルギー源のモンスターシティで、エネルギーを集める会社(モンスターズ・インク)が舞台だ。そこで働くモンスターたちは、子ども部屋のクローゼットから現れて、子供たちを驚かし悲鳴を集める事を生業としている。社内随一の怖がらせ屋、毛むくじゃらの青いモンスター「サリー」とひとつ目のモンスター「マイク」はパートナーを組んでいる。
ある日、モンスターには“有害”とされている子どもが会社内に迷い込む。サリーとマイクは、その女の子を「ブー」と名付けてかくまってしまう。人間とモンスターの心のふれあいを描いた本作は、日本で95億円の興行収入をあげる大ヒット。ディズニー/ピクサーの名を不動のものにした。

シリーズ最新作『モンスターズ・ユニバーシティ』は、サリーとマイクの学生時代にさかのぼる前日談だ。彼らの運命的な出会いと友情、そして驚くべき秘密が描かれることが明らかにされている。
今回公開された予告編では学生時代のサリーとマイクが初お目見え。大学の寮(!?)で暮すモンスターたちは学生生活をエンジョイしている。丸いフォルムのマイクが寝ている間に糊で小さなカガミを貼り付け、ミラーボールにしてしまうイタズラで大盛り上がり。イタズラをした張本人サリーは「大学サイコー」と天井から吊るされたマイクを写真に収める。

かなり賑やかな予告編に仕上がっているが、詳しいストーリーは全く不明。果たして名コンビの出会いと友情、驚くべき秘密はなんなのか。期待は高まる一方だ。
『モンスターズ・ユニバーシティ』は2013年夏待望のロードショーを迎える。

『モンスターズ・ユニバーシティ』
2013年夏 2D・3D同時公開
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集