「宇宙兄弟」「プラネテス」を放送 アニマックスで宇宙アニメ特集 番組MCに吉木りささん | アニメ!アニメ!

「宇宙兄弟」「プラネテス」を放送 アニマックスで宇宙アニメ特集 番組MCに吉木りささん

ニュース 話題

アニメ専門チャンネル アニマックスは、この8月に「宇宙アニメ特集」を企画し、『宇宙兄弟』、『プラネテス』の2作品を放送する。特集企画に合わせてオリジナルのナビ番組も制作される。宇宙とアニメの魅力をトークで伝える。
番組MCをタレントの吉木りさ さんが担当する。広島大学大学院准教授で宇宙飛行士候補のセミファイナリストに選ばれた経験も持つ長沼毅さん、『宇宙兄弟』で南波日々人役を演じる声優のKENNさんが出演する。番組放送に先立って、このほど発表記者会見が開催され、3人が登壇した。

今年2012年は、5月には金環食、7月には木星食と“天体ショーの当たり年”と言われるほど、さまざまな現象が観測できる。来る8月14日にも、金星の前を月が横切って金星を隠す金星食が起こる。
アニマックスでは、これに合わせて、宇宙開発をリアルに描く2作品『宇宙兄弟』と『プラネテス』を「宇宙アニメ特集」として放送する。
まず、8月18日(土)12時から『宇宙兄弟』の1話から8話を先行放送、さらに18日(土)と25日(土)0時から2週にわたって『プラネテス』全エピソードを一挙放送する。

ナビ番組の発表記者会見で吉木りささんは、「KENNさんは収録現場でのエピドードを、JAXAの試験を経験された長沼先生は実体験に基づくお話をしていただき、漫画とリンクしていてリアリティがありました。「宇宙兄弟」、「プラネテス」ともに家族で見るのにとても良い作品だと思います。宇宙の壮大な話や、家族・仲間の絆、成長物語など様々な要素が詰まった奥が深い作品です」と2作品の魅力を語った。

長沼毅先生は、「自分がJAXAの試験を受けた当時の緊張感や悔しさを思い出しました。宇宙兄弟は、設定から受験者の感情の動きまで、宇宙飛行士について非常に忠実に再現されていて、とても面白いアニメだと思います」と、作品のリアリティを絶賛する。

声優のKENNさんも、「ナビ番組は、収録時間外でも話が絶えなかったくらい楽しくお話ができました。今回、宇宙兄弟の役作りでは特に声を作ることはせず、そのままの声で演じました。日々人の心の動き、兄との関係をよりリアルに演じられたと思っています」とコメントしている。

『宇宙兄弟』は、小山宙哉さんのマンガが原作。幼いころ宇宙飛行士になるという約束をかわした二人の兄弟の物語だ。
今年4月より日本テレビ系列で放送中。小栗旬さん主演の実写映画も公開され、話題を集めた。一方の『プラネテス』は、幸村誠さんのマンガが原作。宇宙ゴミ(スペースデブリ)の回収をおこなう宇宙飛行士を描いた作品で、2003年の放送以来、何度も再放送されてきた人気作品である。
[多摩永遠]

アニマックス /http://www.animax.co.jp/

アニマックス「宇宙アニメ特集」放送作品・日時:
「宇宙兄弟」#1~8     8月18日(土)昼12:00~午後4:00
「プラネテス」#1~13   8月18日(土)深夜0:00~翌朝6:00
「プラネテス」#14~26   8月25日(土)深夜0:00~翌朝6:00
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集