声優、作家自身が作品を朗読 第1弾に茅野愛衣、梶裕貴 講談社の夏キャンペーン | アニメ!アニメ!

声優、作家自身が作品を朗読 第1弾に茅野愛衣、梶裕貴 講談社の夏キャンペーン

ニュース

講談社が展開する「夏☆電書 2012」で、試し読みを聞くことのできる「おさわり朗読」がスタートした。人気声優や作家自身が、電子書籍や電子コミックで公開されている作品の“さわり”を試し読みする企画となっている。
「夏☆電書2012」は6月29日(金)から8月31日(金)のおよそ二ヶ月にわたり、講談社の電子書籍と電子コミック作品を主要28店舗の電子書店で展開するキャンペーンだ。今回の「おさわり朗読」の配信も、電子書籍のさらなる普及を目指して企画された。

その第一弾としてトップバッターを務めるのは『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のヒロインめんま役『ちはやふる』の大江奏役などを演じた茅野愛衣さんと、『ギルティクラウン』 の桜満集役『アクエリオンEVOL』のアマタ・ソラ役などで主人公を担当した梶裕貴さんの二人だ。
茅野さんは今秋テレビアニメ放送予定でヒロイン・橘めいを演じている『好きっていいなよ』(原作・葉月かなえさん)、梶さんは2008年にテレビアニメ化された際に比泉秋名を演じた『夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~』(原作・ヤスダスズヒトさん)の、それぞれ原作コミック第1巻冒頭部分を朗読している。

普段声を当てている時に読むアフレコ台本ではなくコミックをそのまま読んでいるため、茅野さんが男性キャラクターの声を演じたり、梶さんが女性や子どもの声を朗読しているなど、普段はなかなか耳にできない聴きどころが満載となっている。
今後は、声優では日笠陽子さん、小野大輔さんも登場する予定だ。さらに岩下慶子さん、乙武洋匡さん、小川彌生さんといった作家も登場する。

「おさわり朗読」配信を記念し、Twitterと連動したプレゼントキャンペーンを実施中だ。朗読を聞いてTwitterに感想を投稿すると二人のボイスデータがもれなく入手することができる。さらに抽選で電子書籍リーダー・東芝「BookPlaceDB50」が5人に当たるWプレゼントも行っている。
[高橋克則]

今後の朗読予定タイトルは以下の通り。
<声優による朗読>
『わたしに××しなさい!』(遠山えま)
朗読: 日笠陽子
『GIANT KILLING』(ツジトモ・綱本将也)
朗読: 小野大輔

<作家による朗読>
『ボッコンリンリ』(岩下慶子) 朗読:岩下慶子
『戯史三国志 我が糸は誰を操る](吉川永青) 朗読:吉川永青
『五体不満足 完全版』(乙武洋匡) 朗読:乙武洋匡
『タニタと作る美人の習慣』(株式会社タニタ・細川モモ) 朗読:細川モモ
『甘い悪魔が笑う』(鳥海ペドロ) 朗読:鳥海ペドロ
『きみはペット』『キス&ネバークライ』(小川彌生) 朗読:小川彌生

「夏☆電書 2012」
公式サイト /http://natsuden.kodansha.co.jp/
公式Facebookページ /https://www.facebook.com/kodansha.densho/
公式 Twitter /https://twitter.com/KDigibooks/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集