大島優子が吹替える“王女メリダ” その映像がいよいよ解禁 | アニメ!アニメ!

大島優子が吹替える“王女メリダ” その映像がいよいよ解禁

そんな大島さんが吹替するメリダの映像が、このほど<本編特別映像>として初公開された。ピクサーの作品ファン、大島さんのファンだけにとどまらず気になるところだろう。

ニュース
 
  •  
ディズニー/ピクサーの最新作『メリダとおそろしの森』が、7月21日にウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの配給にて全国公開される。数々の傑作CGアニメーションを生み出してきたスタジオだけに、本作も期待度は抜群だ。
作品は字幕版と日本語吹替版での上映となる。この吹替版で注目を浴びるのが、主人公メリダの声をトップアイドルの大島優子さんが演じることだ。アクティブでお転婆、そして芯の強さを持つメリダのキャラクターは、大島優子さん自身のイメージとも重なりまさにはまり役だ。

そんな大島さんが吹替するメリダの映像が、このほど<本編特別映像>として初公開された。ピクサーの作品ファン、大島さんのファンだけにとどまらず気になるところだろう。
特別映像は、物語の冒頭の一シーンである。王女メリダとハリス、ヒューバート、ヘイミッシュの三つ子の弟たち、ファーガス王、そして母親のエリノア王妃らが家族で仲良く食事をとっている。
獰猛な熊モルデューとの武勇伝を家族に語るファーガス王、大島さんが演じるメリダは弓を背負い、厨房から盗み出したリンゴを咥えるおてんばな様子。ファーガス王の武勇伝を横取りし、モルデューの物真似をして、エリノア王妃に注意されてしまう。
ピクサーならではの生き生きしたキャラクターの表情と動きに注目だ。そして、そのキャラクターに魂を与える大島さんの声が、観るものの強い印象を残す。

大島優子さんは、今年5月に行われたアフレコ会見の際には、「メリダはお転婆で男勝りだけど、母親をとても愛していて、前に進みたいという芯の強さを持っている。みんなに愛されるように頑張りますので、是非見てください」と語っている。今回は、それをまさに実現したと言っていいだろう。
本作は6月20日の米国公開では、オープニング興行成績で1位スタートを切っている。ピクサー作品では歴代5位の好成績だ。7月21日からの日本公開にも大きな期待がかかる。

『メリダとおそろしの森』
7月21日(土)ロードショー 2D/3D同時公開
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
/http://www.disney.co.jp/movies/merida/home.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集