NYアニメフェスティバル NYコミコンに吸収合併 5年の歴史に幕 | アニメ!アニメ!

NYアニメフェスティバル NYコミコンに吸収合併 5年の歴史に幕

ニュース

米国でポップカルチャーのイベントを運営するリードポップ(ReedPOP)は、毎年ニューヨークで開催されてきた日本アニメ・マンガのファン向けの大型イベントであるニューヨーク・アニメフェスティバル(New York Anime Festival)を、もうひとつの大型イベント ニューヨークコミコン(New York Comic Con)に吸収統合すると発表した。2012年10月11日から14日まで開催されるNYコミコンから実施する。
NYアニメフェスティバルは、2007年にニューヨークのマンハッタンにあるジャビット・センターでスタートし、人気を呼んでいた。2007年から09年まで単独開催された後に、2010年、11年は、主催者が同じNYコミコンと併催となり、同じ会場、同じ日程で行われてきた。2012年からはこれをNYコミコンに完全統合する。

リードポップによれば、日本のアニメ、マンガ、映画、音楽、ゲームなどのプログラムは引き続きNYコミコンのなかで力を入れていく。過去2年間もふたつのイベントは併催だったこともあり、ファンや企業に対する影響は少なそうだ。
一方、リードポップは、ブランドと事務作業の一本化で、効率化が図れる。アニメ・マンガ関連企業出展の窓口、マンガのアーティストアレイ:Anime Artist Alley(個人作家の出展)、トークイベントの申し込みはNYコミコンの事務局に統合される。いずれもNYコミコンの企画の一部となる。既に米国でのアニメ企業の大手ファニメーション、ニューヨークに拠点を持つマンガ出版社ヴァーティカルがNYコミコンへの参加を明らかにしている。

今回のリードポップの決定は、日本のアニメ・マンガを取り巻く米国での近年の環境、それとリードポップが私企業として両イベントを運営していることが影響していそうだ。
リードポップは国際見本市運営の大手リード・エグジビジョン(Reed Exhibitions)のポップカルチャー部門として事業を行っている。非営利団体やファン組織により運営されている他のアニメ・マンガイベント以上に厳しい採算性が問われる。
NYアニメフェスティバルは、ニューヨーク市という地の利の良さもあり数多くのファンを集めてきた。スタート当初より米国内のアニメコンベンションではトップ5に入る動員規模を誇っていた。しかし、企業出展が少なく、事業採算性は不十分とみられている。ファンイベントが盛況な一方で、ビジネスが弱くなっている米国の日本アニメ・マンガ業界の状況が反映している。
より採算性の高いNYコミコンと統合することで、その集客をビジネスに結びつける狙いがありそうだ。

また、出展企業側にも、対象を日本アニメ・マンガファンに限定したくないとの考えもあるとみられる。例えば、日本企業でもあってもゲーム企業はより一般層にターゲットを向けている。さらにアニメ・マンガでも、既に囲い込んでいるファンでなく、新たな顧客をつかむチャンスとしてNYコミコンでむしろプロモーションしたいと意識もあるとみられる。両イベントの統合は、運営側にとっても、企業側にとっても利点は少なくない。
[数土直志]

ニューヨークコミコン(New York Comic Con)
http://www.newyorkcomiccon.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集