手嶌葵がノイタミナ登場 「坂道のアポロン」でJAZZカヴァー披露 | アニメ!アニメ!

手嶌葵がノイタミナ登場 「坂道のアポロン」でJAZZカヴァー披露

ニュース

『ゲド戦記』の「テルーの唄」、そして「さよならの夏 〜コクリコ坂から〜」でお馴染みの手嶌葵さんの歌声が、現在、テレビ放映中の『坂道のアポロン』に流れる。5月10日に深夜に放映される第5話「バードランドの子守唄」で、同名タイトルのJAZZスタンダードを手嶌葵さんカヴァーして歌う。
アニメ『坂道のアポロン』は、小玉ユキさんが「月刊flowers」(白泉社)に連載する人気マンガを原作に映像化した作品だ。1960年代の九州を舞台に、JAZZを中心に主人公・西見薫、その友人の川渕千太郎、迎律子らの青春を描く。

作品の魅力のひとつは、毎回登場するJAZZの名曲の数々だ。音楽と映像のシンクロ、演奏シーンが話題を呼んでいる。
手嶌葵さんが歌う「バードランドの子守唄」は、薫が音信不通の母に会うために東京に向かうというエピソードの中に登場する。薫が母へと思いを伝えるシーンに、手嶌葵の美しい声が流れる。
「バードランドの子守唄」は1950年代に作曲されたJAZZスタンダートの1曲、女性ヴォーカルの代表的な曲である。今回は敢えて贅沢にオリジナル音源で、手嶌葵版の放映になる。

手嶌葵さんは、福岡県出身のアーティスト。2006年の映画『ゲド戦記』の主題歌で一躍注目を浴びる。澄み切った声質が特徴だ。
劇中に登場する曲をプロデュースする菅野よう子さんは、今回手嶌葵さんを起用した理由を次の様に説明する。「劇中に出てくるスタンダード曲「バードランドの子守唄」を、主人公の心情を重ねて表現しようと思い、手嶌葵さんを抜擢しました。ビート感がすばらしかった。」
人気アニメ枠「ノイタミナ」に登場する手嶌葵さんの歌声に注目したい。

アニメ『坂道のアポロン』
http:// www.noitamina-apollon.com
原作: 「坂道のアポロン」小玉ユキ(小学館「月刊フラワーズ」連載)
監督: 辺信一郎
脚本: 藤綾子・柿原優子
キャラクターデザイン: 城信輝
総作画監督: 下喜光
音楽: 菅野よう子
アニメーション制作: MAPPA/手塚プロダクション

[声の出演]
西見薫: 木村良平
川渕千太郎: 細谷佳正
迎律子: 南里侑香
深堀百合香: 遠藤綾
桂木淳一: 諏訪部順一
松岡星児: 岡本信彦
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「坂道のアポロン」監督に渡辺信一郎、音楽は菅野よう子 画像 「坂道のアポロン」監督に渡辺信一郎、音楽は菅野よう子
  • ジブリ×カラー×ニコ動 手嶌葵の音楽ライブ開催 画像 ジブリ×カラー×ニコ動 手嶌葵の音楽ライブ開催
  • 2012年4月より放送開始 小玉ユキ「坂道のアポロン」TVアニメ化 画像 2012年4月より放送開始 小玉ユキ「坂道のアポロン」TVアニメ化

特集