マッドハウスの40年の歩み 杉並アニメミュージアムが特集企画 | アニメ!アニメ!

マッドハウスの40年の歩み 杉並アニメミュージアムが特集企画

東京・杉並アニメーションミュージアムで、2月22日よりアニメスタジオ マッドハウスにスポットを当てた特集企画展が組まれる。

ニュース
 東京・杉並アニメーションミュージアムで、2月22日よりアニメスタジオ マッドハウスにスポットを当てた特集企画展が組まれる。
 5月20日までおよそ3ヵ月開催される「アニメーション制作会社MADHOUSE展 ~40年の歩み~」だ。関連作品の資料や作品上映で、日本を代表するアニメスタジオの40年間を振り返る。

 マッドハウスは1972年に東京・杉並区で、有限会社マッド・ハウスとスタートした。『エースをねらえ!』、『ガンバの冒険』などを振り出しに、以来40年にわたり日本のアニメ業界の先頭を走って来た。2000年代には今 敏監督『千年女優』、細田守監督『サマーウォーズ』などの傑作が生まれている。同社の作品には際立った才能のスタッフが多数参加、クリエイティブの豊かさや技術力で高い評価を受けてきた。
 また、早くから作品が海外で紹介されてきた。『獣兵衛忍風帖』、『VAMPIRE HUNTER-D』、『銃夢 GUNM』、『TRIGUN』など海外で特に人気の作品も多い。近年は、海外とのつながりを活かした共同プロジェクトも数多く手がける。

 企画展では、マッドハウスの作品を年表として紹介する。さらに、マッドハウスが所蔵している代表作の絵コンテ、原画、キャラクター設定、美術設定などを展示する。劇場パンフレットや関連書籍、ビデオパッケージなども紹介される。
 上映プログラムでは、マッドハウスが中国電影集団と共同製作し、今年1月に劇場公開されたばかりの『チベット犬物語 金色のドージェ』を特別上映する。このほかの作品も上映予定だ。展示、上映ともアニメファンには見逃せないものになりそうだ。

杉並アニメーションミュージアム
/http://www.sam.or.jp/

企画展『アニメーション制作会社MADHOUSE展 ~40年の歩み~』

開催期間: 2012年2月22日(水)~5月20日(日)
開催地: 杉並アニメーションミュージアム内会場
入館料: 無料
主催: 杉並アニメーションミュージアム
協力:
企画・協力: マッドハウス
協力: バップ
詳細はミュージアムの公式サイトで確認ください。

[主な紹介作品]
 『アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険』
 『幻魔大戦』
 『獣兵衛忍風帖』
 『カードキャプターさくら』
 『十兵衛ちゃん』
 『はじめの一歩』
 『メトロポリス』
 『VAMPIRE HUNTER-D』
 『パーフェクトブルー』
 『Di Gi Charat(デ・ジ・キャラット)』
 『REDLINE』
 『よなよなペンギン』
 『チベット犬物語~金色のドージェ~』  他
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集