日本GD大賞 「銀魂BEST2」がアニメアルバム部門受賞 | アニメ!アニメ!

日本GD大賞 「銀魂BEST2」がアニメアルバム部門受賞

ニュース

 1月27日に、東京・六本木のニコファーレで第26回日本ゴールドディスク大賞が開催され、アーティスト・オブ・ザ・イヤー、アルバム・オブ・ザ・イヤーなど各賞が決定した。このうちの邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤーには人気ユニットのAKB48が、洋楽部門はレディー・ガガが受賞した。
 AKBはこのほかアルバムやシングルでも旋風を巻き起こし、第24回の嵐と並ぶ史上最多タイの10冠を達成、また史上初めてシングル部門を独占した。レディー・ガガは2年連続の受賞である。

 日本ゴールドディスク大賞は、一般社団法人日本レコード協会が主催する。1987年以来、レコード産業の発展に貢献したアーティストと作品を顕彰する。
 各賞の選定は、2010年11月1日から2011年10月31日までの1年間のCD、ビデオなど、そして有料音楽配信の売上実績に基づいて行われる。いわば過去1年間で最も支持を受けたアーティスト・作品が並ぶ賞だ。

 10数もの部門の中には、アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーやアニメ関連音楽の受賞も多いサウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤーなどもある。
 このうち第26回のアニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーには、2011年6月22日にアニプレックスよりリリースされた『銀魂BEST2』が選ばれた。DISC2枚組全34曲にテレビ各シーズンのオープニング、エンディング、さらに『よりぬき銀魂さん』、『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』などから収録する。
 アニメ『銀魂』のベストアルバムは、2年前第24回でも同じくアニプレックスから発売され22万枚を販売した『銀魂BEST』がアニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞している。今回はそれに続くもので、2タイトル続けてのアワードの獲得となった。
 また、昨年は『ONE PIECE MEMORIAL BEST』(エイベックス・マーケティング)が受賞しており、テレビアニメからのベストアルバムの受賞が続いた。アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーは、人気アニメのベスト盤の強さが特徴だが、今年もそれが引き継がれたかたちだ。

日本ゴールドディスク大賞 /http://www.golddisc.jp/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集