宮澤賢治原作「グスコーブドリの伝記」公開日決定 7月7日から | アニメ!アニメ!

宮澤賢治原作「グスコーブドリの伝記」公開日決定 7月7日から

ニュース

 劇場アニメ『グスコーブドリの伝記』の公開日が決定した。ワーナー・ブラザース映画配給で、7月7日から全国の劇場で上映される。
 本作は童話作家 宮澤賢治の小説をもとに、ますむらひろしさんが生み出した擬人化された動物により描かれる。手塚プロダクション制作、そして脚本、絵コンテ、監督を『あらしの夜に』、『銀河鉄道の夜』などで知られる杉井ギサブローが務める。長年、注目の企画とされてきた作品だが、この夏にいよいよその姿を見せる。

 7月は、子どもたちやその親が映画館を訪れることが増える時期である。本作はそんなファミリー層をターゲットにすると見られる。
 また、2012年は、劇場映画、劇場上映されるタイトル数が多いことが、話題を呼んでいる。劇場オリジナルの作品として長年制作されてきたグスコーブドリの伝記』は、そんななかでさらにアニメ映画の多様性を示すことになるだろう。

 『グスコーブドリの伝記』は、冷害にみまわれた東北の森を舞台にしている。主人公の青年ブドリは、故郷と大切な人たちを守るため、勇気ある行動を取る。
 原作は発表から80年経つが、今なお色褪せることはない。この夏の注目のアニメ映画のひとつと言っていいだろう。

       Gdensestu.jpg
        (c)2012「グスコーブドリ製作委員会/ますむらひろし

『グスコーブドリの伝記』
7月7日(土) 丸の内ピカデリー他 全国ロードショー

原作: 宮沢賢治
監修: 天沢退二郎
脚本・絵コンテ・監督 杉井ギサブロー
キャラクター原案: ますむらひろし
作画監督: 江口摩吏介
音楽: 小松亮太
制作: 手塚プロダクション
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集