新情報続出 劇場版企画も「コードギアス」ニュープロジェト発表会開催 | アニメ!アニメ!

新情報続出 劇場版企画も「コードギアス」ニュープロジェト発表会開催

イベント・レポート

 2006年10月のテレビシリーズ『コードギアス 反逆のルルーシュ』放送開始と伴に、たちまちファンの心を捉えたコードギアスシリーズの新たな動きが始まった。1月12日、バンダイビジュアル、サンライズは東京・東品川のバンダイナムコ未来研究所 ファンシシアターで「コードギアス ニュープロジェクト発表会」を開催、シリーズの今後の展開を一挙に発表した。
 この日、取り上げられた関連展開は、新シリーズイベント上映、OVA、舞台、ミュージカル、ソーシャルゲーム、パチスロ、フィギュア、プラモデル、小説、コミカライズド、DVD-BOXなど、まさに怒涛とも言える一挙公開である。これまで発表されていた企画の新情報、さらに今回初めて明らかになったものなど盛りだくさんだ。

 テレビシリーズ2期『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』の放映最終回から3年以上の期間を置いての大型プロジェクトの始動はファンに大きな驚きを与える。これについて河口佳高プロデューサー(サンライズ)は、さらなるシリーズ展開を「同じスタッフではやってはいけない」と考えたことを挙げる。
 そして、「別の山を登る」、「ゼロから作る」と、今回のプロジェクトに対して入念な準備を要したことを説明した。赤根和樹監督という大物監督を起用した新作『コードギアス 亡国のアキト』の誕生にもそうした気持ちが表れているに違いない。

       CGp1.JPG
        (c)SUNRISE/PROJECT GEASS
        Character Design (c)2006-2011 CLAMP

 今回の主な発表は、この『亡国のアキト』の2012年夏全国10館イベント上映、絵本つきOVA『コードギアス 反逆のルルーシュ ナナリー イン ワンダーランド』のリリース、さらに舞台劇『コードギアス 反逆のルルーシュ 騒乱 前夜祭』、ミュージカル『コードギアス 反逆のルルーシュ 魔人に捧げるプレリュード』などだ。
 また、SNSゲームとパチスロの『コードギアス 反逆のルルーシュ』もサプライズである。アニメファンだけでなく、より幅広い層に「コードギアス」のブランドを届けるという意味もありそうだ。

 しかし、発表会の最後に河口佳高プロデューサー、湯川敦プロデューサー(バンダイビジュアル)が明かした、『コードギアス 反逆のルルーシュ』の劇場版企画が、この日一番のサプライズだったかもしれない。企画始動という初期段階でもあり、詳細については語られることはなかった。それでも監督にはシリーズ作品の谷口悟朗さんを想定していると、ファンにとっては企画進行が期待されるものとなる。
 両プロデューサーは劇場版企画について、アニメ発のオリジナル作品が劇場化されることの重みを語った。さらに、現在の作品は点、これをさらに線にし、線をさらに面にしたいと企画化決定の理由を説明する。2012年を新たなスタート地点にシリーズは、今後さらに大きくなっていきそうだ。

コードギアスシリーズ 公式サイト /http://www.geass.jp/

       CGp2.jpg
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集