文化庁メディア芸術祭が仙台に 1月22日より巡回展始まる | アニメ!アニメ!

文化庁メディア芸術祭が仙台に 1月22日より巡回展始まる

ニュース

 文化庁メディア芸術祭の受賞作品などを各地で広く紹介する国内巡回展「文化庁メディア芸術祭ネットワークス」が、1月22日より仙台で開催される。平成23年度の国内巡回はほかに、岡山、東京、神戸、長崎の4カ所が選ばれているが、仙台が最終会場となる。
 仙台では1月22日から1月29日までの8日間、せんだい演劇工房10-BOXなどを会場とする。入場料は無料だ。

 文化庁メディア芸術祭ネットワークスは、全国の美術館やフェスティバルを巡回し、受賞作品の展示や上映を行うプロジェクトである。一般には東京での受賞作品展が注目されることが多い文化庁メディア芸術祭だが、その魅力をより広く伝える目的を持っている。受賞作品展、海外展と並ぶメディア芸術祭の中心活動のひとつだ。

 期間中、受賞作の展示や上映を行う。また、毎回、各会場でアート、エンターテイメント、アニメーション、マンガの4部門から、特に1分野をフォーカスする。
 今回の仙台展では、アート部門に焦点をあてる。昨年のアート部門の受賞作『NIGHT LESS』を展示するとともに、作者の田村友一郎氏さんの創作活動や作品を紹介する。さらに田村さんを迎いたコラボレーション作品の発表も行う。
 上映プログラムでは、アニメーション作品も用意されている。『フミコの告白』(石田祐康)、『わからないブタ』(和田淳)、『くちゃお』(奥田昌輝)、『魚に似た唄』(竹内泰人)など、個人作家の作品が中心になっているのが特徴だ。

平成23年度文化庁メディア芸術祭国内巡回事業
「文化庁メディア芸術祭ネットワークス」仙台巡回
/http://plaza.map-staff.jp/blog/2012/01/2012122.html

会場
 せんだい演劇工房10-BOX(メイン会場) 
 TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING(イベント会場)
会期
 1月22日(日)~1月29日(日)※会期中無休
 1月28日(土)
開場時間
 午前10時~午後5時
 午前11時~(1時間程度)
観覧料: 無料
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集