映画「ドラゴン エイジ」 鑑賞者限定でゲームアイテムプレゼント | アニメ!アニメ!

映画「ドラゴン エイジ」 鑑賞者限定でゲームアイテムプレゼント

ニュース

DAmain.jpg 2012年2月11日に全国公開される映画『ドラゴンエイジ-ブラッドメイジの聖戦-』が、公開直前2月2日に発売の新作ゲーム『Dragon Age II』と連動したプレゼント企画を決定した。劇場鑑賞者全員に、『Dragon Age II』のレアアイテムパックをプレゼントする。
 このパックには、ゲーム内で使用出来る41アイテムが含まれる。オーレイ帝国のシュバリエが使ったとされる伝説の鎧、ホーク家に伝わる魔道士のローブ、稀代の大悪党が身に着けていた短剣など、プレイヤーにとっては見逃せないものである。

 鑑賞客には劇場で限定ダウンロードカードが配布される。カードのプロダクトコードをPS3のネットワークサービスPlayStation Storeで入力すると、ゲーム内の主人公の自宅にアイテムボックスが設置される。そこからアイテムパックのアイテムを自由に取得出来る。
 ゲームユーザの足を劇場に向けるだけでなく、映画鑑賞者にはゲームに親しんで貰うきっかけになるプロモーションだ。こうした映画とゲームソフトを連動させてプロモーション企画は『ポケットモンスター』などでは観られるが、海外生まれのゲームソフトでは珍しい。

 映画『ドラゴンエイジ-ブラッドメイジの聖戦-』は、世界的な大ヒットゲーム『Dragon Age: Origins』の世界観をもとに劇場CGアニメーションとして制作されている。原作ゲーム制作を担当したBioWareのクリエーターが全面監修、シナリオを書き上げた。
 監督には『ピンポン』や『ベクシル2077日本鎖国』、『あしたのジョー』などの代表作で、実写、アニメ、VFXといった映像表現をまたぎ活躍する曽利文彦さんを起用する。日本ならでは実現したCG技術が見どころとなっている。
 また、先日は声のキャストとして、栗山千明さん、谷原章介さん、GACTさんの出演が発表され話題を呼んだばかり。2012年期待のアニメ映画だ。

 原作となる『Dragon Age: Origins』ズは、全世界600万本を売り上げたグローバルタイトルである。西洋ファンタジーの世界観と物語を舞台に、練り込まれたシナリオ、緻密な世界観、個性的なキャラクターが人気の秘密だ。
 映画は続編『Dragon Age II』の前章にもなっている。『Dragon Age II』に登場する主要キャラクターであるカサンドラの過去が語られる。映画とゲームのストーリーがつながっている。ゲームと映画を巧みの組み合わせた壮大なエンタテインメントとなる。

       DragonAge0094.jpg

       DragonAge.0001.jpg
画像全て: (c)2011 Dragon Age Project. All rights reserved by FUNimation / T.O Entertainment

『ドラゴンエイジ‐ブラッドメイジの聖戦‐』
/http://www.dragonagemovie.jp/   
2012年2月11日全国ロードショー

[キャスト]
 栗山千明 / 谷原章介 / GACKT

[スタッフ]
 原作: BioWare / Electronic Arts  
 監督: 曽利文彦
 脚本: Jeffrey Scott 
 キャラクターデザイン: 中山大輔
 音楽: 高橋哲也 
 サウンドデザイン: 笠松広司
 制作: OXYBOT 
 宣伝: エイベックス・エンタテインメント 
 配給: TOブックス

[キャンペーン]
配布物: 劇場限定ダウンロードカード
配布期間: 2月11日公開日~公開終了まで
対象者: 劇場鑑賞者全員
*劇場で受け取ったカードのプロダクトコードを通じて、PS3から「PlayStation Store」にてアイテムパックのアイテムを取得。
※プロダクトコードはPlayStation(R)3版のダウンロード コンテンツのもので、Xbox 360版は含まれず。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集