「魔法少女まどか☆マギカ」論が出版 山川賢一「成熟という檻」 | アニメ!アニメ!

「魔法少女まどか☆マギカ」論が出版 山川賢一「成熟という檻」

「魔法少女」という、誰もが長年見慣れたアニメのジャンルの枠組を借用し、次々に意外な展開をみせた話題作『魔法少女まどか☆マギカ』。

レビュー 書評
madomagi-hon.jpg 「魔法少女」という、誰もが長年見慣れたアニメのジャンルの枠組を借用し、次々に意外な展開をみせた話題作『魔法少女まどか☆マギカ』。作品を知るものであれば、誰もが一体『まどか☆マギカ』とは何だったのか?と考えるに違いない。
 そんな視聴者に作品の考え方に新たな視点を与える評論本が、8月中旬にキネマ旬報社から発売される。山川賢一さんが書き下ろす「成熟という檻『魔法少女まどか☆マギカ』」である。税込1365円、216ページ、最速の評論本と名を打つ。

 著者の山川賢一さんは、若手気鋭の評論家である。SF作家の巨匠H・G・ウェルズを題材にした評論では、日本SF評論賞、群像新人賞評論部門で最終選考に残るなど実績を築く。次世代を担う評論家の一人と目される。
 今回の「成熟という檻」では、SF、ホラーを中心に小説、映画、アニメを引用し、「少女たちの希望と絶望」を考察するという。番組放映後も作品を巡る論説が続く、『まどか☆マギカ』に一石を投じる。

 また、本書の発売を記念したプロモーションが夏のコミケで行われる。8月12日コミックマーケットの会場となる東京ビッグサイト)周辺で、『まどか☆マギカ』のオリジナルデザインのうちわを配布する。うちわは全部で5種類、5人の魔法少女(まどか、ほむら、マミ、さやか、杏子)が登場する予定だ。

成熟という檻 『魔法少女まどか☆マギカ』論
山川賢一・著
価格: 1365円(税込)
ISBN: 978-4-87376-374-3
四六判/216頁(うち8頁カラー)
発行:キネマ旬報社
8月中旬発売予定

  
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集