10月25日「ビッグガンガン」創刊 スクエニ5番目の定期誌に | アニメ!アニメ!

10月25日「ビッグガンガン」創刊 スクエニ5番目の定期誌に

ニュース

BIGGUNGUN.jpg スクウェア・エニックスが、10月25日に新しいマンガ誌「月刊ビッグガンガン」を新創刊する。同誌の創刊は、青年誌「ヤングガンガン」の好調を受けたものだ。「ヤングガンガン」から拡大した「増刊ヤングガンガン ビッグ」を経て、月刊の定期誌となって登場する。
 創刊号は特別価格税込み680円とし、ボリュームたっぷりになる。2号以降は、税込み580円、毎月25日発売となる。

 「月刊ビッグガンガン」は、スクウェア・エニックスにとっては、5誌目の定期雑誌となる。コアターゲットは、30歳前後のマンガファンとしている。「月刊少年ガンガン」や「月刊ガンガン JOKER」を卒業したファンの受け皿を狙っているともみられる。
 既存誌やウェブ雑誌の「ガンガンONLINE」と伴に、同社のマンガライナップの充実を目指す。スクウェア・エニックスの得意とするメディアミックス作品も、今後飛び出しそうだ。

 実際に、創刊号のラインナップは豪華だ。「増刊ヤングガンガンビッグ」より連載を引き継ぐ作品に加え、4つの新連載がスタートする。
 『群青』(原作:坂本虹 作画:桐原いづみ)は、女子高の駅伝を描く異色のストーリー。『雛見沢停留所~ひぐらしのなく頃に原典~』は、カルト的な人気を誇る竜騎士07さんが代表作『ひぐらしのなく頃に』の制作前に執筆した未発表作をマンガ化したものだ。原作・監修を竜騎士07さん、作画をともぞ さんが手がける。
 『輪廻のラグランジェ』(原作:Production I.G 漫画:IsII)は、2012年1月スタートのテレビアニメのコミカライズ。『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H』は大人気のライトノベルをコミカライズしたものだ。裕時さんが原作としてスピンオフストーリーを提供、漫画を稲瀬信也さん、キャラクター原案をるろおさんが担当した。

  bigganganlogo.jpg

月刊「ビッグガンガン」
公式サイト /http://www.square-enix.com/jp/magazine/biggangan/

発売日: 2011年10月25日創刊号発売 (毎月25日発売)
価格: 定価 580円(税込)(創刊号のみ680円)
判型 B5判、平綴じ

[創刊号新連載]
■ 「群青」
    原作:坂本虹 作画:桐原いづみ 
■ 「雛見沢停留所~ひぐらしのなく頃に原典~」
    原作・監修:竜騎士07 作画:ともぞ
■ 「輪廻のラグランジェ」
    原作:Production I.G  漫画:IsII
■ 「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H」
    原作:裕時悠示 漫画:稲瀬信也 キャラクター原案:るろお

[増刊ヤングガンガンビッグより継続連載]
■ 「シスプラス」
    勇人
■ 「サーバントxサービス」
    高津カリノ
■ 「射~Sya~」
    大塚志郎
■ 「ハイスコアガール」
    押切蓮介
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集