第23回CGアニメコンテスト 6年ぶりにグランプリ決定 | アニメ!アニメ!

第23回CGアニメコンテスト 6年ぶりにグランプリ決定

イベント・レポート

 10月1日、京都コンピューター学院にて第23回CGアニメコンテスト入選作品上映会が行われた。当日は、ニコニコ動画とYouTubeでもライブ配信が実施された。
 9月20日に実施されたニコニコ生放送とUSTREAMでも触れられていたが、今回は6年ぶりにグランプリが決定したことでも注目が集まっている。前回グランプリが出たのは2005年の第17回で、木霊(児玉徹郎)さんの『MY HOME』だった。

 今回のグランプリは椙本晃佑さんの『これくらいで歌う』である。最近、椙本さんはハンサムケンヤさんのミュージックビデオを立て続けにYouTubeで発表して話題となっている。この『これくらいで歌う』もハンサムケンヤさんのミュージックビデオだ。
 椙本さんはこれまでもCGアニメコンテストで受賞や入選の経験がある。前作は第21回に『the TV show』が佳作であったが、今作の『これくらいで歌う』は後半の構成が『the TV show』がさらに洗練されたようになっており、椙本さんの真骨頂が見て取れる。

 このほかの主な作品は、エンターテインメント賞にアオキタクトさんの『ロボと少女(仮)完全版(仮)』、美術賞に助川勇太さんの『灯花』、佳作に石田祐康さんの『rain town』、入選にぽよさんの『てるさまと猫』、山元隼一さんの『Anemone』、井上涼さんの『赤ずきんと健康』などとなっている。
 アオキさんの『ロボと少女(仮)完全版(仮)』は、前回一部が応募されて入選していたものを全話版としている。助川さんの『灯花』は、飛騨国際メルヘンアニメ映像祭2010の第9回メルヘンアニメ・コンテストでグランプリなど、石田さんの『rain town』は第9回インディーズアニメフェスタでグランプリなどを、これまで受賞してきている。ぽよさんは第20回に『まひる・ぷれでぃくしょん』が佳作、山元さんは第21回で『memory』が佳作だった。
 会場審査員特別賞も併せて受賞した井上さんの『赤ずきんと健康』はBACA-JA2007で佳作などと過去の作品だが、今回応募を勧められての入選となっている。なお、CGアニメコンテストの募集規定には制作年次の制限はない。

       doga23th1.jpg

 10月1日は、京都のコンテンツ複合イベント「KYOTO CMEX 2011」がスタートした日でもある。CGアニメコンテストはKYOTO CMEXに初回から参加している。翌日2日は同じく京都コンピューター学院でCGアニカップなどが行われた。
 グランプリを受賞した椙本さんの『これくらいで歌う』、アニメーション賞の『やさしいマーチ』(植草航)、入選3作品の『Tube』(奇志戒聖)、『チルリ』(川サキ)、『おにしめおたべ』(今林由佳)はCGアニカップで上映されている。CGアニカップのほかは、11月18日に発売予定の山本蒼美さんが監督したOVA『この男子、宇宙人と戦えます。』先行特別凱旋試写会、『魁拔』の中国人監督・王川さん特別ゲストに迎えた「経済大国中国のアニメ戦略」の講演がなされた。
【真狩祐志】

       doga23th3.jpg

PROJECT TEAM DoGA /http://doga.jp/

第23回CGアニメコンテスト 審査結果一覧

グランプリ
  『これくらいで歌う』 椙本晃佑

アニメーション賞
  『やさしいマーチ』 植草航

エンターテインメント賞
  『ロボと少女(仮)完全版(仮)』 アオキタクト

美術賞
  『灯花』 助川勇太

佳作
  『rain town』 石田祐康

入選
  『Tube』 奇志戒聖
  『チルリ』 川サキ
  『おにしめおたべ』 今林由佳
  『てるさまと猫』 ぽよ
  『Anemone』 山元隼一
  『赤ずきんと健康』 井上涼
  『JAPAN - The Strange Country』 田中健一
  『GARDEN』 花輪幸輝
  『雨ふらば風ふかば』 沼田友

会場審査員特別賞
  『赤ずきんと健康』 井上涼 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集