ニコ動でトムス公式チャンネル 毎日1時間無料の名作劇場も | アニメ!アニメ!

ニコ動でトムス公式チャンネル 毎日1時間無料の名作劇場も

トムス・エンタテインメント(TMS)は、9月20日より動画配信・コミニュティサイトのニコニコ動画の「ニコニコチャンネル」に、公式チャンネル

ニュース
注目記事
lipinnikodou.jpg アニメ制作の大手トムス・エンタテインメント(TMS)は、9月20日より動画配信・コミニュティサイトのニコニコ動画の「ニコニコチャンネル」に、公式チャンネル「ムービースクエア」と「ルパンTHEATER」をオープンした。TMSの人気作品の有料配信サービスを行う。
 サービス開始にあたっては、『ルパン三世(1st series)』、『スペース・コブラ』、『パンダコパンダ』、『甲虫王者ムシキング~森の民の伝説~』、『名探偵ホームズ』などを含む15作品がラインナップされている。テレビシリーズなどは1話105円、長編映画は1作品315円となる。

 また、これとは別に「ニコニコ生放送」での、無料配信も10月3日よりスタートする。こちらは「ニコニコアニメ名作劇場」と名づけて、平日の毎日18時から19時までの1時間、配信側がピックアップした番組を配信する。
 スタート当初は、『ルパン三世(1st series)』と『スペース・コブラ』の2本立てを予定している。さらにその後は、『ルパン三世(2nd series)』、『ルパン三世(PART)』が続く予定である。TMSの誇る名作を日替わりで楽しむことが出来る。

 TMSはかねてより、インターネット、モバイルを通じた番組配信に積極的に取り組んでいる。「ムービースクエア」や「ルパンTHEATER」などを通じて多くの動画配信サイトでサービスを提供している。今回は、アニメ配信の公式ポータルとして力を増しているニコニコ動画にもウィンドウを広げることで収益機会を広がることになる。
 一方、ニコニコ動画にとっては、アニメは依然人気コンテンツのひとつだ。東映アニメーション、サンライズと並ぶ大手の一角であるTMSの公式チャンネル設置は、作品ラインナップのさらなる充実につながりそうだ。
画像: 原作:モンキー・パンチ (C)TMS

ニコニコチャンネル「ムービースクエア」
/http://ch.nicovideo.jp/channel/moviesquare
ニコニコチャンネル「ルパンTHEATER」
/http://ch.nicovideo.jp/channel/lupin-3rd-theater

ニコニコアニメ名作劇場
日時: 10月3日(月)18時~19時00分 以降平日毎日18時より放送開始
第1回URL /http://live.nicovideo.jp/gate/lv64014380
[初回配信タイトル]
『ルパン三世(1st series)』、『スペース・コブラ』
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集