アニメーション神戸賞決定 個人賞 岡田麿里さんなど | アニメ!アニメ!

アニメーション神戸賞決定 個人賞 岡田麿里さんなど

個人賞には『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』など多数のアニメの脚本を手がけた岡田麿里さん

ニュース
 国内で活躍し、アニメーション業界に貢献した作品や人物を顕彰するアニメーション神戸賞の今年の受賞作品・受賞者が決定した。過去一年間で顕著な業績を残した個人に贈られる個人賞には『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』など多数のアニメの脚本を手がけた岡田麿里さんが決定した。
 また3つの作品賞は、劇場部門に『劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』、テレビ部門に 『魔法少女まどか☆マギカ』、ネットワーク部門に『ヘタリア World Series』が選ばれた。いずれもファンから高い支持を受けたヒット作品だ。

 岡田麿里さんは、『true tears』や『CANAAN』、『とらドラ!』『黒執事』などの代表作で知られている。丁寧に人物描写に定評がある。また、近年はその精力的な活動で注目を浴びている。2011年だけでも、『GOSICK-ゴシック-』、『フラクタル』、『放浪息子』、『花咲くいろは』、『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』を手がけている。そして、いずれも話題作、ヒット作としており、現在アニメ業界で最も注目される脚本家である。
 今回の選考理由では、企画立ち上げや小説も執筆するその多才ぶりも挙げて、今後の活躍にも期待するとしている。

 今年の特別賞は、ダブル受賞となった。ひとりは2011年4月に逝去されたアニメ監督・演出の出﨑統さんである。1960年代の虫プロ時代から2000年代まで、長きにわたりアニメ業界を支え、その独創的な演出手法は続く世代に大きな影響を与えた。
 もうひとつは、名探偵コナン製作チーム。15年間にわたりテレビ放送を続け、支持されてきた実績を表彰するものとなった。
 また、唯一、ファン投票を通じてノミネート作品を決めるアニメーション神戸賞 主題歌賞(ラジオ関西賞)は、「侵略ノススメ☆」 (歌:ULTRA-PRISM with イカ娘(金元寿子))が選ばれた。

 アニメーション神戸賞は、各部門にわたるアニメーション賞では国内では最も古い。賞の審査に国内の有力アニメの編集者が参加するのが特徴になっている。
 例年、受賞作・受賞作品には、過去一年間の話題作、ヒット作が並ぶ。アニメーション神戸賞を見ることでアニメ業界を振り返り、一望することが出来る。
 今回の授賞式は10月16日に、神戸国際会議場メインホールで開催される。主催者ではこの入場者の募集も行っている。公式サイトにて詳細は確認出来る。

アニメーション神戸 /http://www.anime-kobe.jp/

「第16回アニメーション神戸賞」受賞者・受賞作品

個人賞
   岡田麿里(脚本家)

特別賞
   出﨑統(監督)
   名探偵コナン製作チーム

作品賞・劇場部門
   『劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』
作品賞・テレビ部門
   『魔法少女まどか☆マギカ』
作品賞・ネットワーク部門
   『ヘタリア World Series』

主題歌賞: 
   「侵略ノススメ☆」 (歌:ULTRA-PRISM with イカ娘(金元寿子))
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集